元気のない商店街から沖縄を盛り上げる都市型マルシェを行いたい!【護得久 朝晃さん】

2017年10月16日 | コンテンツ管理用ヨクスル

2017年9月8日(金)に「さぶみっと!ヨクスル in 沖縄」を開催いたしました。
プレゼンターとして登壇された護得久 朝晃さんのプレゼンとスライドで地域への思いを感じてください。

プレゼンテーマ「元気のない商店街から沖縄を盛り上げる都市型マルシェを行いたい!」

地元に住むひとのマチグワー(商店街)離れが進む中、活性化に取り組みたい

・沖縄のいいものをあつめた都市型マルシェを開催、地元客、観光客に愛されるマーケットづくりで沖縄の魅力をひとつ増やしたい
・農業の小規模事業者にとって農産物を中心とした都市型マルシェが新たな販路にしたい

このマーケット、都市型マルシェで農作物を売りたい農家さんが増える方法を、みなさんと一緒に考えたいと思い登壇しました。

プレゼン動画

プレゼン資料のご紹介

 

ブレストして出てきたアイデアの数は?

ある程度進行しているプロジェクトの為、みなさんへの情報インプットに時間を割きましたが、35個くらいのアイデアが出ました。

印象に残っているアイデアは?

・BBQで焼きながら野菜を販売するようにする(マルシェとしての魅力を高めて、農家が参加したくなるためのアイデア)
・メディアに取り上げて貰う際に農家募集の呼びかけを依頼する(周知のはかるためのアイデア)
・「農家がマルシェを参加することによって販売網を増やせた」という成功事例を作り、紹介媒体を作成した上で声がけする(マーケットの魅力が農家に伝わりやすくするためのアイデア)

最終的に選んだアイデアは?

人手不足により参加できない農家の問題を解消するために、農業高校等との連携を図り、農家での研修としてマルシェでの代理販売を行えるようにする。

そのアイデアを選んだ理由は?

根本的な要因(人手不足)に対しての解決案であること。
また参加する学生さんにとっても貴重な体験を提供できるので教育にも貢献できること。

実現に向けてどのように進めていきますか?

マルシェとして問題なく第一回の運営を終えたうえで、ひとつひとつ頂いたアイデアの実現しやすいものから実行していきます。

ヨクスルに登壇されての感想をお教え下さい

ヨクスルさんの雰囲気づくりのおかげでリラックスしてみなさんへ伝えたいことをしっかり伝えることができました。
農家さんの参加を増やすための多くのアイデアとご意見を頂いた中で、自身でこれまで考え付かなかったアイデアも多く、しっかりと今後の活動の参考にさせて頂きたく思っております。
貴重な機会をありがとうございました!

「さぶみっと!ヨクスル」でプレゼンターになってみませんか?

さぶみっと!ヨクスルでは「地元でこんなことをしたい!」「やりたいことを実現するためのアイデアをみんなで考えたい!」という方を場所を問わず募集しています。
ぜひあなたの「やりたい気持ち」をカタチにしませんか?以下のボタンを押して応募フォームから気軽にお寄せください。

PICK UP

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!