豊田市民がとよたの魅力を自ら楽しめるまちにしたい【深谷 康史さん(豊田市役所 経営戦略室)】

2016年12月15日 | コンテンツ管理用ヨクスル

2016年11月10日(木)名古屋で「さぶみっと!ヨクスル in 名古屋」が開催されました。

さぶみっと!ヨクスルは、全国各地で開催し、地域がよくなるためにやりたいことがある人をみんなで全力応援して地域を盛り上げるイベントです。

今回、プレゼンターとして登壇いただいた深谷さんは、前回プレゼンターの津川さんからご紹介いただきました。

市役所の11月は大変忙しかったそうなのですが、ちょうど仕事として悩んでいることがあり、それを投げかけてみたいということで登壇を決めていただきました。

そんな深谷さんに「さぶみっと!ヨクスル in 名古屋」にて、プレゼンターとして登壇いただいての感想をお聞きしました。

プレゼンテーションの風景

市としての課題であった「WE LOVE とよた」の広め方を考えたい

──今回はどのようなテーマでプレゼンを行ったのですか?

「豊田市民がとよたの魅力を自ら楽しめるまちにしたい」という豊田市としてのミッションがあります。そのミッションを実現していくために、現在「WE LOVE とよた」という考え方にもとづいて、豊田市民の楽しめる場所や行動を整理した上で、発信し、さらに集めたいということを考えています。

そこで、このキーワードを用いて、どうやって実現できるかを一緒に考えていただけないかと思いプレゼンをさせていただきました。

──ブレストではたくさんのアイデアが出ましたか?

12、3名ぐらいの方に参加していただき、人数は一番多かったです。

活発にアイデアを出していただけたと思います。それは人数が多かったというより、さまざまな立場の方が積極的に意見を言ってくれたからだと思います。

最終的に40弱のアイデアが出ました。アイデアブレストの20分という時間は、ちょうど良い長さだったと思います。

──参考になるアイデアはありましたか?

最終的に、SNSを使って情報を発信するという内容のものを選んだのですが、自分が不得意として分野のことだったのでありがたかったですし、印象に残りました。

InstagramやFacebookなどを使うということ、ハッシュタグを使って情報をまとめていけるということを知り、これならイイものができると思いました。

他に、女子が集まると活気がでるので、「クレープ屋さんをひらく」というのは面白いアイデアだと思いました。実現可能かどうかはともかく、こういった場だからこそ出る自由なアイデアだと思います。

アイデアノート

──最後に決まったのは「#we_love_toyota」というハッシュタグをSNSで使っていくというものでしたよね?

 

実は、市では色々なイベントや仕掛け作りはしていっています。ただ、イベントなどもその場に人は集まったのはいいのですが、それがさらに人を集めていくような発信にはつながっていないのです。

そこで、「#we_love_toyota」というキーワードでSNSに情報が広がっていけるようにすれば、市民を巻き込んでいけるのではないかと思いました。

僕自身は、SNSなどはまだまだわからない点も多いのですが、市民がハッシュタグを使ってくれるような状況をつくり刺激をしていって、いつのまにか勝手に「WE LOVE とよた」をしてくれるという土壌を作ることができればと思っています。

そう考えたときに、「ハッシュタグ」はほんとうにうまく使えると思いました。市の他の部署でも連携してやっていけると、もっとうまく出来るのではないかと思っています。

深谷さんの挨拶

──今後はどのように進めていきますか?

プレゼンのときにも言っていましたが、今新しい条例を作っています。

その条例は、「WE LOVE とよた」をより推進していくものなのですが、その条例の具体的な行動指針の中に、情報発信の際に「#we_love_toyota」を入れるというような内容を提案できればと思っています。

さらに、すでに豊田のことを情報発信している市民の方々と連携する時に「#we_love_toyota」を入れられないかなと思っています。

市だけでなく、市民との連携も意識して、しっかり取り組んでいくことが大事だと思っています。

──市長さんに「#we_love_toyota」を入れてもらっては?

もしかするとできるかもしれません。がんばってみますね(笑)。

 

──最後にさぶみっと!ヨクスルへのメッセージをお願いします。

今回、プレゼンをしてみて、一番よかったのはいろんな方たちと繋がることができたことです。

その場で意見をいただけたことももちろん良かったですが、さまざまな方と繋がりができたかったことが良かったと思います。

プレゼンする側でも、参加する側でも、さぶみっと!ヨクスルに参加することはすごく良いと思います。

個人個人で動いている人たちをつなぐことが出来るイベントだと思うので、豊田市でもさぶみっと!ヨクスルのようなイベントがしょっちゅうあると自ずと街が良くなっていくのではないかと思いました。

 

「豊田市民がとよたの魅力を自ら楽しめるまちにしたいプロジェクト」に

ご興味をお持ちいただけましたらメンバー申請をお願いします。

https://www.facebook.com/groups/1135638889856668/

当日のプレゼンの資料

豊田市民がとよたの魅力を自ら楽しめるまちにしたい【深谷 康史さん(豊田市役所 経営戦略室)】 from さぶみっと!ヨクスル

次回開催の
「さぶみっと!ヨクスル in 名古屋」で
プレゼンターになってみませんか?

さぶみっと!ヨクスルでは「地元でこんなことをしたい!」「やりたいことを実現するためのアイデアをみんなで考えたい!」という方を場所を問わず募集しています。
ぜひあなたの「やりたい気持ち」をカタチにしませんか?以下のボタンを押して応募フォームから気軽にお寄せください。

PICK UP

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!