札幌の皆さまの思いを肌で感じた3日間(2日目)

2016年4月11日 | コンテンツ管理用ヨクスル

さぶみっと!ヨクスルの運営の甲斐です。
五十嵐と一緒に、やっています。

4月21日は、さぶみっと!ヨクスル in 札幌です。
札幌の皆さま宜しくお願い致します。

全国の皆さま、さぶみっと!ヨクスルって何?って思われるでしょうが、詳しくはこちらをご覧ください

3月14日~16日の3日間にわたって、僕と五十嵐の2人で札幌に行ってきました。

目的は、札幌の皆さまとお会いすること。
そして、「Webのチカラで地域をヨクスル」ためにさぶみっと!ヨクスルに参加していただける、地域を良くしようと「熱い思いを持っている人」を探すこと。さらに、地域をヨクスルためには、僕と五十嵐だけではどうにもならないので札幌でご協力していただける方を探すこと。

前回は、札幌商工会議所、はまなす財団、MIRAI.ST cafeを巡り、最後に二階堂さん、重久さん、伊藤さんたちと会食して終えました。

2日目にお会いした皆さま

・経済産業省 小林さん・浅野さん
・LULER 沼さん・伊藤さん
・デクスチャー 宮下さん
・マーケティスト 赤沼さん
・北海道新聞社 渡部さん
・リーグラフィ 李さん
・ダブルエムエンターテイメント 三田さん

それでは僕と五十嵐の札幌の2日目はじまりです

二日目の最初の訪問は、経済産業省の小林さんと浅野さんにお会いしにいきました。

508011B2-A255-495A-95DB-53130ACC545F

実はこの出会いは、「札幌クリエイティブキャンプ」を、毎年されているえぞキッチンの大石さまに作っていただきました。
大石さまは、2年前にさぶみっと!セミナー&交流会に来ていただいたことがあったそうで、「地域振興に取り組む方をご紹介してください」とお願いしたところ快くお返事をいただき経済産業省の小林さんをご紹介していただいた次第です。

小林さんと浅野さんからは、どういう切り口でさぶみっと!ヨクスル in 札幌のテーマを作っていくかを大きな視点でアドバイスをいただけて、僕と五十嵐は目からウロコでした。
正直なところ、僕たち緊張していましたが、すごく気さくなお二人で、本当によかった。当日のイベントにも時間の調整が付けば立ち寄りたい、と言っていただけたのは嬉しかったです。

お昼前に少し時間が取れたので、前日の会食で会った伊藤さんに連絡して、伊藤さんが働いているLuler(株式会社ルーラー)へ向かいました。

717D8133-99A5-41ED-B8DC-EB774CA4FAA8

突然のアポにもかかわらず、代表取締役の沼さんに出てきていただき、LulerのWebサービス&マーケティングサポートの話、札幌だけにとどまらない地域のWebのビジネスについて話しをお聞かせいただきました。
5年後、10年後を見据えたビジネスを、沼さんはされていました。

二日目は、初日以上にタイトだったため、お昼ごはんを抜き、次の目的へ向かいます。

AD62DA0C-A1A3-4756-BA25-57E23B3D543C

皆さまは、北海道Likersはご存知でしょうか?

知っていると話が早いのですが、2011年の震災のあとに北海道の魅力を国内外に発信して地域活性化を行なう事を目的としたFacebookページです。サッポロビール株式会社とネットイヤーゼロ株式会社の共同プロジェクトという形で、スタートしたページで、現在は独立した形で運営されているそうです。

その北海道Likersの初期立ち上げに関わっていたネットイヤーゼロ株式会社 取締役の倉重さんからご紹介いただいたのが、次の訪問先の株式会社デクスチャーの宮下さんです。

株式会社デクスチャーは、Design x Future = DEXTURという意味です。
アートディレクションをはじめとしたデザインを専門とする会社で、宮下さんは営業とプランニングをしていらっしゃいます。

さっそく宮下さんに、さぶみっと!ヨクスル in 札幌のお話をすると頷きながら僕たちの話を聞いていただき、宮下さんが北海道の地域観光に関する組織に関わっているのでそこの人たちにも伝えていただけるということになりました。

そして、宮下さんから「この取り組みを、しっかり継続することを約束して欲しい」とお願いがありました。
その言葉を聞いて、あらためて決意を新たにして、「もちろんです」とお答えしました。

4B7D5CC2-1FB0-43F8-951B-4A2AEF77FA07

二日目もまだまだ続き、次の訪問は北海道新聞社です。

が、向かう途中、マーケティストの赤沼さんとマクドナルで会いました。

B3ECF5A0-31EA-42FD-BF49-972

前日の会食に来れなかったということで、忙しい時間を縫って駆けつけていただきました。話した時間は、10分弱、それだけのために会いに来ていただけるって、感謝しかない。

88443C51-7C27-4B65-9211-D2F24C9FDE76

北海道新聞社では渡部さんとお会いしました。渡部さんには事前に、さぶみっと!ヨクスル in 札幌についてご相談の連絡を取っていて、イベントの相談ということで、CSS Nite in SAPPOROの実行委員でもあるWeb制作会社リーグラフィの李さんをお呼びいただき紹介していただきました。

李さんは、CSS Nite in SAPPOROの実行委員とあって、さぶみっと!ヨクスル in 札幌のイベント内容についてたくさんの”鋭い”ご意見をいただきました。これは実践したいというご意見ばかりをいただきました。(僕はひとつ後悔があって、その時李さんが名刺を切らしていたので名刺交換できておらず、その後連絡がとれない。。。誰か教えて^^;)

北海道新聞社を後にした僕たちは、その後、VRを専門にやっているダブルエムエンターテイメントの三田さんへの取材を行い(こちらは後日、五十嵐が記事にする予定です)。

ようやく二日目の全日程を終えました。

といっても、夜は長い。

その日の最後は、札幌にいる旧知の友人たちと飲み会へ。

C091F626-FD9F-44EE-A6BA-261275EB31A2

正直なところその時何を話したかはよく覚えていませんが、その後流れで、なぜか、大人5人でUFOキャッチャーに1万5千円を注ぎ込み、結局、ぬいぐるみを4体手に入れました。

最初の1万円まではまさにお金をドブに捨てるようなものでしたが、その後の5千円で快進撃し4体をつぎつぎにゲット。

768527B1-1240-4D11-83E1-B13E781C21BF

6D022E60-F0DE-499E-839C-7B6E20310205

707C3240-65F0-49F1-AD51-10ED0D0D4313

この経験で得たのは、成功するためには投資が必要なこと、投資の間は仲間と共に行動し互いをしっかりと見て経験を共有し(成功と失敗を共有)ノウハウを得ていくこと、また投資の間は他のメンバーの失敗(と勇気に)に笑顔で賞賛すること、そうしてはじめて無駄に思われた投資が意味を持ちはじめ結果を残せるということです。
最後までぬいぐるみをゲットできなかった僕は、この教訓を得たと思い込むことで3000円の投資を良しとするのですね^^

A5AE2988-F1CF-4F27-85BC-264603691D69
3日目の最終日に続く

PICK UP

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!