子どもたちに第3の空間を作るために地域の皆さんを300人、地元企業を10社集めたイベントをやりたい!【INNOVATION GROUP 香川 敬典さん】

2017年2月20日 | コンテンツ管理用ヨクスル

2016年12月8日(木)高松で「さぶみっと!ヨクスル in 高松」が開催されました。

さぶみっと!ヨクスルは、全国各地で開催し、地域がよくなるためにやりたいことがある人をみんなで全力応援して地域を盛り上げるイベントです。

今回プレゼンターとして登壇した香川敬典さんは、会社員として働きながら小学生対象のサッカースクール、中学生のサッカークラブの監督を務めるほか、ファッションブランド「Innovation 13」の代表や、若手アーティストの応援プロジェクトを行うなど、幅広い分野で活躍をされています。

そんな香川さんに「さぶみっと!ヨクスル in 高松」にプレゼンターとして登壇されての感想をお聞きしました。

 

子どもを笑顔に、家族を幸せに、町を元気にしたい!

──今回プレゼンターとして登壇されたきっかけを教えてください。

「地域を盛り上げるためのイベントがあるので香川さん出てみたら?」と知人から紹介をうけたのがきっかけでした。最初は「えぇぇ!私ですか!?」と思ったのですが、これも何かの縁だと受け止め、前向きにチャレンジしよう!と思いました。

やるからには「島国、四国、香川県でこんなことをしている人もいる!」ということを認知して頂き、加速させたいという想いが決め手になり登壇することにしました。

 

──今回のプレゼンテーマ「子どもたちに第3の空間を作るために地域の皆さんを300人、地元企業を10社集めたイベントをやりたい!」を選ばれた理由を教えてください。

私は現在の取り組みで、「子どもを笑顔に、家族を幸せに、町を元気に!」いうことを活動内容としてうたっています。その中で、香川県を色んな角度から見た際に渦の中心はやはり、「子ども」であり、そこに失われてきた第3の空間を創り出したいと思っていました。大人や企業がサポートすれば、香川県の子どもの問題でもある、不登校、生活習慣も改善でき、家族に笑顔がもっと増えて、町も元気に活性化出来ると考えてこのテーマにしました。

 

──第3の空間というのは具体的にはどのようなことでしょう?

子どもの居場所をひとつの空間として捉え、家庭(第1の空間)や学校(第2の空間)以外にも、子どもが成長できる場所が第3の空間だと思っています。サッカーや音楽や書道や英語といった取り組みを通じて、物心共に幸せにしたいと思っています。

 

──今回のイベントでは地域のみなさんや地元企業が集まるためのアイデアを考えましたが、ブレストをしてみていかがでしたか?

みなさんむちゃくちゃ前向きでした。そして異業種の方も多く、色んな角度からアイデアが出てきました。アイデアの数としては75個くらい出ました。ただやりたいことや想いが分散してしまい、考える範囲が広すぎてより具体性を持った切り口まではいけなかったことが私の反省点です。

 

──印象に残ったアイデアはありましたか?

以前から興味があり、自分自身でもアクションを起こしているシェアリングエコノミー(ゲストハウス)や、 食べ物とコラボしたイベント、泥んこサッカー、ブラインドサッカー、親子写真教室などなど、イベント内容から企業や地域へのアプローチ方法などいろいろとアイデアをいただきました。

 

まずチャレンジして、前へ、次へと取り組んでいきたいと思います。

──最終的に選んだアイデアとその理由を教えてください

子どもたちに心・技・体を伝えるワークショップを行うイベントです。

香川県を活性化する為にも「心・技・体」の三つの要素は全て必要なことだと考えています。ただ盛り上げて終わりでは無くて、子どもの成長もリンクさせたいと考えています。もちろん、根源には「子どもを笑顔に、家族を幸せに、町を元気に!」を実現していきたいと思っているので、ワークショップを軸としたイベントはいいなと思い選びました。

 

──今後はどのように進めていきますか?

まずイベントの企画を行っていきたいと思っていますが、先日早速チャレンジをしてみました(笑)

1月21日(土)〜22日(日)の 2 日間、私主催でイベントを行いました。ドイツで活躍されているサッカー指導者を招いてサッカークリニック・講演会を小学生、中学生、高校生、指導者、保護者を対象に開催しました。

その際に全国展開のサッカーショップ KAMO と adidas Japan にもご協力を頂き、広告には出版社の方にもお力添えを頂き県内・外から150名以上の人が集いました。また「さぶみっと!ヨクスル」でご縁を頂いた、プロのカメラマンにも来て頂き撮影をしていただきました。

4月までにも新しいイベントを既に企画中でこちらは 300 名を予想しています。机上で考えて取り組むことも必要ですが、経験値に勝るものはないと思いますので私は、まずチャレンジして、出来ない理由探しではなく「何をすれば実現するのか!」を具体的に考えハイレスポンスで動いて、結果検証を行い、前へ、次へと取り組んでいきたいと思います。

 

1/21(土)~22(日)に行われた香川さん主催イベントの様子

 

 

──ぜひ次回のイベントも楽しみにしています。最後に「さぶみっと!ヨクスル」へのメッセージをお願いします

「地域のためにやっていることがある、やっていきたい!」と思っている方は悩まずにプレゼンターとしてチャレンジすべきです。また、地域のことを考える一歩にもなると思うので、聞く側としてもみなさんに参加することをおすすめします。

想像以上のご縁や楽しい時間を頂けますし、私はその時に出逢った方と会い、情報交換を行い一緒に手を取りあいながら活動しています。行動力で縁を頂けます。そしてその「縁」を「円」にするのは自分自身の情熱だと思います。

最後に、「さぶみっと!ヨクスル」運営のみなさんのご配慮、お気遣いレベルは最上級でした。迅速な対応、場の空間作り含め大変お世話になりました。凄くお世話になりました!一人でも多くの方が自分の街を想い小さな一歩のアクションを起こして欲しいと思います。

──香川さん、ありがとうございました!

 

「第3の空間を作るための イベントプロジェクト」にご興味をお持ちいただけましたら、メンバー申請をお願いします!

https://www.facebook.com/groups/1134771533284803/

当日のプレゼンの様子

当日のプレゼンの資料

子どもたちに第3の空間を作るために地域の皆さんを300人、地元企業を10社集めたイベントをやりたい!【INNOVATION GROUP 香川 敬典さん】 from さぶみっと!ヨクスル

次回開催の
「さぶみっと!ヨクスル in 高松」で
プレゼンターになってみませんか?

さぶみっと!ヨクスルでは「地元でこんなことをしたい!」「やりたいことを実現するためのアイデアをみんなで考えたい!」という方を場所を問わず募集しています。
ぜひあなたの「やりたい気持ち」をカタチにしませんか?以下のボタンを押して応募フォームから気軽にお寄せください。

PICK UP

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!