地域のゴミを資源にしよう!【大関 太一さん(利尻町地域おこし協力隊)】

2016年11月15日 | コンテンツ管理用ヨクスル

2016年10月20日(木)に札幌で「さぶみっと!ヨクスル in 札幌」が開催されました。

さぶみっと!ヨクスルは、全国各地で開催し、地域がよくなるためにやりたいことがある人をみんなで全力応援して地域を盛り上げるイベントです。

今回、プレゼンターとして登壇いただいた大関さんは、現在、地域おこし協力隊として利尻島で暮らしています。
暮らしている中で感じた、利尻島でいま起こっている問題の解決のためにプレゼンテーションを行っていただけることになりました。

「さぶみっと!ヨクスル in 札幌」にて、プレゼンターとして登壇いただいての感想をお聞きしました。

大関太一さん

利尻島の廃校を活用してリサクルショップをやれないか!?

──今回はどのようなテーマでプレゼンを行ったのですか?

少し前に利尻島で「フリマ」をやりました。すごく楽しかったのですが、そんな時に利尻島にある2つの学校が「廃校」になると分かってなんとかしたいと思いました。
そして、「フリマ x 廃校」のようなテーマで、何かできると直感的に思いました。

そして「フリマ」だけでは終わらず、持続できるような仕組みとして「廃校」を活用して「リサイクルショップ」ができればと思うようになりました。
来年4月に「廃校」になる予定で、「廃校」の活用アイデアの募集をちょうどいま行政の方で進めているので一緒に考えたいと思いました。

大関太一さん

──登壇のきっかけは何だったのでしょうか?

札幌にある「はまなす財団」の小倉さんから紹介されました。それが9月の半ばになりますが、話を聞いたときに「楽しそうだなぁ」って思い、また機会をいただけるだけでもありがたいのでお話を引き受けることにしました。

──ブレストの様子はいかがでしたか?
ブレストは、5、6名で行いました。
最初から最後まで、結構コンスタントにアイデアが出て、アイデアの乗っかりもうまくいったと思います。40個ほどのアイデアが出ました。

──印象的なアイデアはありましたか?

利尻島には自転車のイベントがあるのですが、もしいらなくなった自転車があれば、残してもらってレンタルサイクルにしてしまうとか。
レンタルショップというところから離れて、「廃校」でフォトコンテストをするとか飛躍的なアイデアもありました。

大関太一さん

特に、利尻島は冬が厳しいので、冬にできる観光づくりがすごく大事です。お金をつかわずにできそうなアイデアもあってすごくよかったです。

さらに島でいらないものを、リサイクル。網をミサンガにする、ガラス玉を使ってなにかを作る、とか。
そういったものや、フリマで出たのこりものを、リサイクルショップで販売するとか、本当にいろいろ出てきました。

島の中の人だけでマーケットを作るよりも島外の人も巻き込もう!「わらしべチェンジ」というアイデア

──「わらしべチェンジ」というアイデアを採用されたと思うのですが、それはどういうものでしょうか?

利尻島には、毎年13万人の旅行者(島外の方)が来ます。
その島外の人が外から来て、何かを持ってきてもらって、島内のものと交換する(リサイクルする)。
島内の人だけでものを回すのは限界があるので、それが実現できればすごく面白いとおもいました。

──今後はどのように進めていきますか?

ヨクスルのイベント後に協力してくれる方々とやりとりできるようにしていただきました。
まずは、その協力者のみなさんに利尻島の情報を提供していきたい。
Facebookページなどでは、すでに情報発信をしていて、NPO、「利尻島の駅 海藻の里」を紹介しています。
そういった情報になるのですが、イメージを共有していければと思っています。

 

わらしべチェンジプロジェクト(Facebookグループ)に
ご興味をお持ちいただけましたらメンバー申請をお願いします

https://www.facebook.com/groups/679166435586119/

 

──最後にさぶみっと!ヨクスルへのメッセージをお願いします。

僕は今回、「地域おこし協力隊」として出ましたけど、北海道の他の地域にも「地域おこし協力隊」がいるので、そういった人たちにもどんどん出て欲しい。

大関太一さん

自分の地域を、札幌の人に知ってもらえる、ということがすごくよかった。
同じ北海道なのですが、実は知っているようでみんな”利尻島”のことを知らない、ということもわかった。

地域課題や地域そのものをアピールできて、さらに課題のためのアイデアをもらえて協力者も募ることができる。みんなどんどん出て欲しいと思いました。

あとさぶみっと!ヨクスルを札幌だけでなく、利尻島でもやってほしいです。

──ありがとうございます。ぜひ、僕たちも利尻島で「さぶみっと!ヨクスル in 利尻島」をやりたいです!

当日のプレゼンの様子

当日のプレゼンの資料

次回開催の
「さぶみっと!ヨクスル in 札幌」で
プレゼンターになってみませんか?

さぶみっと!ヨクスルでは「地元でこんなことをしたい!」「やりたいことを実現するためのアイデアをみんなで考えたい!」という方を場所を問わず募集しています。
ぜひあなたの「やりたい気持ち」をカタチにしませんか?以下のボタンを押して応募フォームから気軽にお寄せください。

PICK UP

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!