仙台のみんなの仕切りがよくすぎる 仙台前入り2日間(最終日)

2016年4月16日 | コンテンツ管理用ヨクスル

さぶみっと!ヨクスルの運営の甲斐です。
五十嵐と一緒にやってます。

4月14日~15日の2日間、さぶみっと!ヨクスルの次の開催予定地である仙台に行ってきました。
下見と取材、そして一番大事な仙台のみなさま協力の依頼をしてきたのでご報告です。

僕が仙台で一番の感じたことは「地域に住む人が地域のことを考える『ワーク』をたくさん行うことが地域の価値を高めるのではないか?経済、人口、町の規模ではない。」ということです。

『ワーク』の違いが、人の違い。人の違いが、地域の違い。

では、2日目にお会いした皆さま

・古民家びと 代表/一級建築士 早川さん
・株式会社テセラクト 小泉さん
・仙台市経済局 白岩さん
・仙台市観光局 川口さん
・仙台市経済局 白川さん
・仙台市市民局 吉川さん
・仙台市市民局 熊野さん
・仙台青年会議所 菅崎さん
・宮城県中小企業同友会 中鉢さん

僕と五十嵐の仙台の2日目はじまりです

2日目の朝は10時の待ち合わせで、太白区山田本町へ。

古民家びと」サイトの代表であり一級建築士の早川さん

古民家とそのオーナーの『人』を紹介するサイト「古民家びと」の代表の早川さんと話しました。
クリエイター、デザイナー数名で「SODA」というコラボレーションスペースで仕事をされているそうです。

部屋にはいるといい木の香りがしました。
そここにおいてある置物は、ひとつひとつが面白く楽しさに溢れています。

EF29D306-F5AF-4AD2-BCFC-F0E1B17B1AD0

早川さんは、最初から笑顔で、まずは僕達がしたいことを最後までゆっくりと聞いていただき、そのあとライフワークとしてされているいろいろな活動のお話をしていただきました。

素敵だと思ったのは、心からの好奇心から発想して結果として地域の何かの課題を解決する取り組みになっているということでした。

見立てを変えることで、その地域のものやことがおもしろくなる。

温室を工房としてクリエイターの方に開放しているそうです。
たくさんの作品が並んでいました。

EF21D6A0-83E1-48B1-9C5C-690DA179F988

懐の深いエンジニア テセラクトの小泉さん

仙台アエルにあるアシ☆スタのミーティングルームで、小泉さんにお会いしました。
大きい方というの第一印象、笑顔の優しい方でした。

ハッカソンやワークショップなども主催されておられて、そのノウハウや秘訣をお聞きしました。
そしてアイデア/プロトタイプはできても、プロダクトやサービスになるという社会に出していく、にはすごく難しい。

「実現」の可能性が大事。

仙台市経済局/市民局/文化観光局の皆さまは個性的

さぶみっと!のイベントのスポンサーをしていただいているソフトバンクC&Sの江尻さんから仙台市文化観光局の川口さんをご紹介していただきました。

当日は、川口さん1人と思っていましたら経済局の白岩さん、白川さんもご紹介いただき、さらにミラソンとさぶみっと!ヨクスルが絡むとおもしろいのではと、市民局の吉川さん、熊野さんをご紹介いただきました。

仙台市の取り組みは、多岐に渡ると感じたことと、それを伝えるドキュメントの完成度が高い=市民に伝えようとする優しさを感じました。
また、白岩さんはお時間がなく少しだけしか言葉をかわせなかったのですが、その少しの時間だけでもおもしろいことを仕掛けようとしている方だなと感じました。

仙台ミラソンとコラボ!?

するどいご指摘をいただいた菅崎さんと中鉢さん

さらに、江尻さんからのご紹介で、仙台青年会議所の菅崎さんと同友会の中鉢さんにお会いしました。
お二人とも経営者の視点で、さぶみっと!ヨクスルについてご意見を出していただきました。

ヨクスルは、もっと絞って尖らないと差別化できないよ

さぶみっと!ヨクスル in 仙台が動き出しています

僕は翌日朝から用事があったので東京に戻ったのですが、五十嵐は仙台IT飲み会のメンバーと食事に行きました。
ソフトバンクC&Sの江尻さんも合流して交流を深めたそうです。

仙台のみなさま2日間、いえ3日間、五十嵐と僕を快く受け入れていただきありがとうございます。
さぶみっと!ヨクスル in 仙台の開催日に、また戻って来ますので、その時もどうぞよろしくお願い致します!

PICK UP

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!