人が育てる大地の恵み、人が伝える町のほこり”ものがたりは最高の調味料”【本間 浩規さん(株式会社本間松藏商店)】

2016年11月25日 | コンテンツ管理用ヨクスル

2016年10月20日(木)に札幌で「さぶみっと!ヨクスル in 札幌」が開催されました。

さぶみっと!ヨクスルは、全国各地で開催し、地域がよくなるためにやりたいことがある人をみんなで全力応援して地域を盛り上げるイベントです。

今回、プレゼンターとして登壇いただいた本間さんは、4年前の3.11の震災を転機に、「なんとかしないといけない」という気持ちを持つようになり、自分でできることは何かということを本気で考えるようになったそうです。

そして北海道倶知安町でじゃがいもの商社をしている本間さんは、農産物を販売するにあたって生産者と消費者との間にうまく情報が流れていない、たとえば”顔が見えないからちゃんと売れない”という状況を「なんとかしたい」と考えるようになりました。

そういった現状をまずは理解してもらい一緒に考えてもらう場として、今回「さぶみっと!ヨクスル in 札幌」のプレゼンターをお引き受けいただきました。

本間 浩規さん

農産物を販売するにあたって生産者と消費者との間にうまく情報(思い/物語)を伝える方法を考えたい

──さぶみっと!ヨクスルの印象はいかがでしたか?

僕は、前回の「さぶみっと!ヨクスル in 札幌」のプレゼンターだったよっちママと知り合いで、彼女から頼まれたんですね。よっちママはすごいバイタリティーのある方で、彼女からの依頼だったので「きっと、とんでもないことを依頼されている」と思いました。
でも、出ざるを得ないな、と(笑)。

プレゼンテーションの時間も短かったので、最初はうまく伝わるか不安でしたが、結果としては、みなさん真剣に聞いてくれて、ブレストも親身になって考えてくれたというのが感想です。

──ブレストの様子はいかがでしたか?

7、8人くらいでブレストをしました。
どういうアイデアを出したらよいのだろうというのがあったのか、前半はみなさん躊躇されていた感じがします。

そこで自分としてはフードツーリズムから「見て欲しい、知って欲しい」という思いを伝えたところ、たくさんアイデアが出るようになりました。

アイデア数の総数は、30個から40個でした。
最初は硬かったのですが、しゃべっていくうちに場もやわらぎ後半は加速しました。
うちとけるまでに時間がやっぱりかかったのかな。

本間 浩規さん

「農家のいもレシピ」というアイデアを、まずは農家の方々に広めていって巻き込みたい

──印象的なアイデアはありましたか?

今覚えているのは
・じゃがいもにかけるドレッシング
自分たちのようなじゃがいもの生産者側としては、じゃがいもをメインにしがちだけど、メインがドレッシングでサブがじゃがいもというのは「なるほど!」と思いました。

そしてやっぱり最後に選んだ、
・農家のおいもレシピ
というのはすごくよかったです。

──最終的に「農家のいもレシピ」というアイデアになりましたがどういうもので今後どのように進めていきますか?

まずは、会社の中で趣味の延長線上で、動画をやってみます。
実際に、動画をウェブにアップして、その反応を農家の方々に話しながら巻き込んでいきたいと思っています。

僕はこれまでもそういうやり方をしていて、そうやっていろいろなイメージを協力していただける方々に広げていくことで楽しく参加してほしいと思っています。

僕がやってみせて土俵を作った上で、みなさんに安心して土俵にあがってもらいたいと思います。

実は何個かすでにつくったのがあって、まずは何人かの農家の方々にみせていこうとおもっています。

じゃがいもは、主役じゃないかもしれないけれど家庭料理の中にいつもある存在です。
だからメニューは家庭の数だけあり、地域ごとにも違いがある。

そういうことをレシピで伝えられればと思っています。

本間 浩規さん

──農家の方を巻き込んでいくというのは素晴らしいですね

はい。農家の方自身が、動画を作ったり、レシピを作ったりすることで、一番大事なことはきちんと考えてくれるようになるということです。
農家の方々が、じゃがいものことだけでなく食べるということを考えて、消費者の方に伝えることで、「食べるということの大事さ」が伝わっていくと思います。

もう少しで私の会社が100周年を迎えます。そのときに、セントラルキッチンを作って料理教室できないかなという夢があります。
地域の人たちを集めて「誰々さんの家庭料理を食べる」というようなものを作って、地域外の人も集めて食べられるような施設です。

家庭料理を本気で食べることのできる施設ですね。

──すごい夢ですね!

 

農家のいもレシピ プロジェクトに
ご興味をお持ちいただけましたらメンバー申請をお願いします
(Facebookグループ)

https://www.facebook.com/groups/1193387680723408/

 

──最後にさぶみっと!ヨクスルへのメッセージをお願いします。

さぶみっと!の地域をヨクスルで出たアイデアがすぐに結果が出るのは難しいかもしれないけど、誰かに何かを伝えていくための場になると思いました。

大人になればなるほど、自分はこう思っているという常識ができてきて、逆に「不安という気持ちを感じない」みたいな自信が出てしまいます。
だから逆に、自信がある人、確信がある人が、それを確かめるための場としても面白いと思います。

当日のプレゼンの様子

当日のプレゼンの資料

次回開催の
「さぶみっと!ヨクスル in 札幌」で
プレゼンターになってみませんか?

さぶみっと!ヨクスルでは「地元でこんなことをしたい!」「やりたいことを実現するためのアイデアをみんなで考えたい!」という方を場所を問わず募集しています。
ぜひあなたの「やりたい気持ち」をカタチにしませんか?以下のボタンを押して応募フォームから気軽にお寄せください。

PICK UP

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!