シルバーショッピングストリート ~高齢者や壮年の大人が楽しい商店街を常磐街や瓦町駅前などに創りたい!【真鍋 敏笑さん】

2017年1月30日 | コンテンツ管理用ヨクスル

2016年12月8日(木)高松で「さぶみっと!ヨクスル in 高松」が開催されました。

さぶみっと!ヨクスルは、全国各地で開催し、地域がよくなるためにやりたいことがある人をみんなで全力応援して地域を盛り上げるイベントです。

今回、プレゼンターとしてご登壇いただいた真鍋さんは、実は8月にさぶみっと!JapanのFacebookページからプレゼン内容をエントリーしていただいており、今回の登壇にいたりました。

そんな真鍋さんに「さぶみっと!ヨクスル in 高松」の感想をお聞きしました。

20161208_215029

さぶみっと!ヨクスルのホームページを見て、自分の考えている話を話しても良さそうだと感じました

──今回はどうしてプレゼンターになることにしたのですか?

ウェブサイトの情報などを見て、「イベントの雰囲気が、堅苦しくなさそう。他の方のテーマを見ても自分の話をこのイベントに持ってきても良さそう。」と感じたので、エントリーしました。

それからイベントのバックグラウンドとして、地元のメディアや企業などの後援もあり、確かなイベントだと思ったということも大きいです。

──このテーマでプレゼンしようとすぐに決まったのですか?

このテーマにしたのは、私の母が70歳後半になって母の友達を含めて高齢の方々の生活を見て聞くようになったことの影響が大きいです。

高齢の方々の買い物をお手伝いしたときに、買い物できる場所が足りないのではないか?という気持ちを持つようになりました。まさに買い物難民です。

でも話を聞くと「実際に欲しいものは一杯あるけれど、お店に私たち向けの商品はないし、そもそも自分たちがお店に受け入れられる感じがしない。だから足が遠のいている」ということだったのですね。

さらによくよく聞くと、「三越などは信頼しているので、タクシーを使ってでも行く」そうなのです。

私は、仕事柄、東京に行くこともあり、いろんな街を見るのですが、東京だと街ごとに様々な特徴というか色があって高齢の方は街を選んで足を運んでいるようなのです。

どうして、香川ではそうなっていないのだろうという疑問が、私がこのテーマでプレゼンをした理由になります。

20161208_200310

私の感じていたことに、他のみなさんも関心があるとわかってよかったです

──ブレストの様子はどういった感じでしたか?

グループには10人ほどいて、いろいろなアイデアが出ました。最終的に、45個ぐらい出たと思います。

ただ、発言している人が一部だった感じもあったので、最初にあらかじめ付箋などにアイデアを書くといったやり方でも良いかもしれないと思いました。

──参考になるアイデアはありましたか?また、ヨクスルはお役に立てたでしょうか?

半分以上は、こういうものを使った方がいい、というアイデアでした。

今回、私としてはそういったアイデア以上に、参加いただいた方々がこういったこと(高齢者の買い物の場が不足していること)に興味を持っているのが分かったことが収穫でした。

それから参加者の中に、商店街をリサーチしている人がいらっしゃって、高齢者のために商店街をこうしたほうがいいというデータをお持ち方なんかもいらっしゃいました。

そういう方との出会い、つながりができるのも、すごく良かったです。

IMG_2271

参考になるという話に戻すと、面白かったアイデアとしては

・ゲートボール場をビルの屋上に作る

というものがありました。商店街に再び高齢の皆さんを集めるためのアイデアがいろいろとあがりました。

 

まずは一歩一歩。「高齢者歓迎ポスター」を作ること。

──最後に決まったのは「「高齢者歓迎ポスター」というものでしたよね?

まずそもそものところですが、お店が高齢者をターゲットにしているということを発信するポスターを作らないといけないとおもいました。そういうメッセージを商店街が発信すれば、高齢者の方々も商店街に歓迎されていることがわかりそこから人と街が繋がっていけると思うのです。

IMG_6896

──今後はどのように進めていきますか?

まずはポスターを作ります。

写真を趣味にしている方が知り合いにいるので、その人たちにお願いしてポスターを作っていきたいと思っています。

まずは自分達で作る、その次のステップで今回のヨクスルの繋がりを活かしたり、商店街さんや行政さんたちにも話をしていこうと思っています。それから琴電さんと常磐街商店街さんに話にいくというのも大事だと思っています。

一歩一歩進めていくその姿を見てもらうことで、ヨクスルでつくっていただいたFacebookグループに参加された人たちも手伝ってもらいやすくなると考えています。

──想定しているスケジュールは決めていますか?

2月までにはポスターを作り、6月に瓦町フラッグが変わるという話があるので、そのタイミングまでに瓦町フラッグと話をしていきたいと思っています。

そう考えると、ポスターのコピー案などは、Facebookグループのみなさんからアイデアをもらえると面白そうです。

──最後にさぶみっと!ヨクスルへのメッセージをお願いします。

自分の考えていることをプレゼンして声に出すことは一見難しそうですが、さぶみっと!ヨクスルの場合は「5分」の短いプレゼンなのでハードルが低いと思います。

あまり構えずになんでも良いのでプレゼンにチャレンジして欲しいと思いました。

「シルバーショッピング ストリートプロジェクト」にご興味をお持ちいただけましたら、メンバー申請をお願いします!

https://www.facebook.com/groups/930518993745250/

当日のプレゼンの様子

当日のプレゼンの資料

シルバーショッピングストリート ~高齢者や壮年の大人が楽しい商店街を常磐街や瓦町駅前などに創りたい!【真鍋 敏笑さん】 from さぶみっと!ヨクスル

次回開催の
「さぶみっと!ヨクスル in 高松」で
プレゼンターになってみませんか?

さぶみっと!ヨクスルでは「地元でこんなことをしたい!」「やりたいことを実現するためのアイデアをみんなで考えたい!」という方を場所を問わず募集しています。
ぜひあなたの「やりたい気持ち」をカタチにしませんか?以下のボタンを押して応募フォームから気軽にお寄せください。

PICK UP

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!