アートを普及するメディア事業を中心に多角的に事業を構築したい!【鈴木 大輔さん(ARTLOGUE)】

2016年12月6日 | コンテンツ管理用ヨクスル

2016年11月24日(木)大阪で「さぶみっと!ヨクスル in 大阪」が開催されました。

さぶみっと!ヨクスルは、全国各地で開催し、地域がよくなるためにやりたいことがある人をみんなで全力応援して地域を盛り上げるイベントです。

今回、プレゼンターとしてご登壇いただいた鈴木さんは、アートには多様性、地域活性化、都市の再生、社会包摂など様々な力があり、その力を活かしてより良い社会の実現のためにアートを普及するメディア事業を中心に多角的に「アート事業」を構築したい!という思いを持っています。

そんな鈴木さんに「さぶみっと!ヨクスル in 大阪」の感想をお聞きしました。

IMG_1970

自分の活動をさらに拡げたかったので、こういう場もありって思いました。

──今回はどうしてプレゼンターになることにしたのですか?

いろいろとイベントには参加しているのですが、今回は信頼している知り合いの方からさぶみっと!ヨクスルのご案内があったので、「おもしろいんちゃうかな」って登壇することにしました。

──このテーマでプレゼンしようとすぐに決まったのですか?

もともと「ARTLOGUE」という活動を拡げていっている最中なので、さらにそれが拡がればと思ってこのテーマにしました。

今回、僕のプレゼンに限って言うと想定内でしたね。

──ブレストの様子はどういった感じでしたか?

6名のブレストになりました。

正直なところ、20分間のアイデアブレストでは、「事業化」というテーマは難しいだろうと想定していましたし、実際に出てきたアイデアもすでに考えているものが多かったです。

IMG_1976

──参考になるアイデアはありましたか?

他の方や他の地域のヨクスルではわかりませんが、今回僕のプレゼンに限って言うと想定を超えたものはなかったです。

──最後に決まったのは「アートカフェ」というものでしたよね?

ブレストの結論は出したいと思っていたので、いろいろなアイデアをすべて包括できるとすればという視点で、「アートカフェ」というものを選びました。

そのアイデアであれば、アートに詳しくはない方でも参加できるかなと思いました。

詳しくない方というのは、ちょうど僕が今ターゲットとしているカジュアルにアートに接している人を想定できると考えたからです。そういう人たちは多くて、その人たちにアートという価値を共有してもらうことで、価値共有型のコミュニティを作れると考えています。

IMG_6776

──今後はどのように進めていきますか?

「アートカフェ」という結論は、正直なところ非現実的かなと思うところもあって、まずは自分が行っている「ARTLOGUE」を、メディアとしてマネタイズしていきたいです。

それには、アクセス数を伸ばすことが重要なので、メディア事業に長けている人、ARTLOGUEの記事を書く人、開発などを一緒にやっていただけている人を募集したい、と思っています。

作っていただいたグループでも、そのあたりでまずご協力いただける方がいればありがたいです。

手の内をさらけ出しているプレゼンター同士のネットワークに期待しています!

──最後にさぶみっと!ヨクスルへのメッセージをお願いします。

参加者は、すごくポジティブだし、会の雰囲気はよかった。そういう意味で、「気づき」を得ようとするのならば、すごくよいと思います。

一方、自分たちのやりたいことがしっかりと定まっている場合は、もうすこし違う形が良いだろうと思いました。たとえば、今回、僕のプレゼンに対して集まっていただいた方は専門領域がバラバタだったので、うまくアイデアが煮詰まらなかった感があります。

そこで参加者さんのバックグラウンドを最大限活かせるような仕組みを入れるとよいのではないでしょうか?

あとは、プレゼンター同士のネットワークを強化できるとよいと思います。今回他のプレゼンターさんとお話しましたが、プレゼンでお互いに手の内をさらけ出しているので話がストレートで進みやすいと思ったからです。

ぜひ、今後はプレゼンター同士のネットワーク作りもしてみてください。
期待しています。

IMG_1966

「アートを普及するメディア事業構築プロジェクト」にご興味をお持ちいただけましたら、メンバー申請をお願いします!

https://www.facebook.com/groups/371190753227795/

当日のプレゼンの様子

次回開催の
「さぶみっと!ヨクスル in 大阪」で
プレゼンターになってみませんか?

さぶみっと!ヨクスルでは「地元でこんなことをしたい!」「やりたいことを実現するためのアイデアをみんなで考えたい!」という方を場所を問わず募集しています。
ぜひあなたの「やりたい気持ち」をカタチにしませんか?以下のボタンを押して応募フォームから気軽にお寄せください。

PICK UP

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!