ごちゃまぜアートイベントに150人集客したい!【はぴまま企画 三好照恵さん】

2017年2月6日 | コンテンツ管理用ヨクスル

2016年8月30日(火)高松でさぶみっと!ヨクスル「高松が盛り上がるために Webのチカラで全力応援しようぜ!」が開催されました。

さぶみっと!ヨクスルは、全国各地で開催し、地域がよくなるためにやりたいことがある人をみんなで全力応援して地域を盛り上げるイベントです。

今回プレゼンターとして登壇いただいた三好さんは、身近にハンデキャップを持った方がいる暮らを通じて、「いろんな人がいて当たり前」という価値観を社会に浸透させたい、という思いを強くするようになりました。

現在、ハンデや年齢に関係なく創造豊かに自分を表現できる「さをり織り」を学べる工房、「咲く屋」を開いており、さらにペアレントサポート「はぴまま企画」でアートを使って楽しく自然に交流できるイベント「Happy Mix Style」を開催、「さをり織り」をさらに広める活動を行っています。

「さぶみっと!ヨクスル in 高松」にて、プレゼンターとして登壇いただいての感想をお聞きしました。

お祭りのような楽しいイベント「ごちゃまぜアートイベント」を通じて一般の方々も巻き込み、「さをり織り」を広めたい

──今回はどのようなテーマでプレゼンを行ったのですか?

今年の2016年3月にアートを使って楽しく自然に交流できるイベント「Happy Mix Style」を開きました。この時は、イベント運営に慣れたつながりのある団体の皆さまがいたので、120名近くの人を集めることができました。

実は、そのイベントの第2回目を来年2017年3月にもすることが決まっていまして、次は一般の人も含めて150名の人を集めたいと思っています。

今回プレゼンさせていただいたのは、さぶみっと!ヨクスルに参加される皆さんから150名集めるために、たくさんのアイデアをいただきたいというものでした。

──そもそもなぜ、そういったイベントをしようと思ったのですか?

私たちの日々の活動は、小さな活動です。そういった小さな活動だと、一般の人にはなかなか伝わりづらいと思っています。

そこで、お祭り感のあるイベントをすることで、もっとたくさんの人を巻き込み一般の方々にも活動を広げていきたいと思ってはじめました。

──たくさんのアイデアは出ましたか?

私のところは、すこし人数は少なかったですが、49個ものアイデアが次々と出てきました。

私が思っていた以上に、ひとりひとりの方がプレゼンの内容に興味を持っていた だいて、自分のことのようにアイデアを出してくれました。

そういったアイデアを聞いてみて、自分ではなるべく「福祉」という世界から離れてオープンに考えるようにしているつもりでも、やっぱり「福祉」の世界の考え方にとらわれていることに気付かされました。

「福祉」と異なるジャンルとのコラボで「さをり織り」がもっと広いジャンル(世界)に広まって欲しい

──魅力あるアイデアはありましたか?

自分では考えつかないようなアイデアがあって、すごく発見がありました。
その中でも、「さをり織り」とは別のジャンルと「コラボ」することで、その魅力をもっと伝えられないかというアイデアが出ました。

さをり織り × ◯◯ コラボ

というのが、一番良かったです。

──どうしてコラボなんでしょうか?

最初にお話したように、私の周りの人だけではなくて、もっと広く一般の人に「さをり織り」を伝えていきたいと思っています。「さをり織り」を福祉という世界を超えて、織り物として素晴らしいということもわかってほしいと思っています。

その中でも、できそうなこととしてちょうど今回の「さぶみっと!ヨクスル in 高松」に音楽をされている方がいらっしゃって、「さをり織り × 音楽ライブ」というコラボをしてみようという話になりました。
音楽ライブをしているミュージシャンの横で、「さをり織り」を私がライブで織ってみるというものです。

──ライブで織り物するって面白いですね!今後どのように進めていきますか?

まずは、知り合ったミュージシャンの方と話をしていこうと思っています。

また、今回のイベントだけでは、ご協力いただける皆さんがどんなことができるのかがまだわからない部分があるので、そこは少し不安です。

オンラインでのグループを作ってやりとりを進めてみようと思います。

 

「コラボイベントプロジェクト」に
参加したい方はこちらのFacebookグループに申請ください

https://www.facebook.com/groups/saworicollabo/

 

──ライブイベントは本当に楽しみですね!最後に、さぶみっと!ヨクスルへのメッセージをお願いします。

最初は「さぶみっと!ヨクスル」のことが、ぜんぜんわからなくて「私、お金を取られるのかも??」(笑)と思いましたが、ウェブサイトを見てイベントのことがわかるにしたがって、「参加者」の意見が貰えるのが魅力的だと感じましたし、いろんな方と繋がれるのが「よさそう」だと思いました。

地域活動の発信のために、さぶみっと!ヨクスルみたいに「ウェブサイト」の専門の方と出会えるのはすごくよかったです。

それからイベントが終わったあとは頭が「わー」となって、新しい発想が湧いてすごく刺激をもらえました。本当によかったです。
次回もまた来たいと思います!

──三好さん、ありがとうございました!

当日のプレゼンの様子

当日のプレゼンの資料

ごちゃまぜアートイベントに150人 集客したい!【ペアレントサポート「はぴまま企画」 三好照恵さん】 from さぶみっと!ヨクスル

次回、12月08日(木)開催の
「さぶみっと!ヨクスル in 高松」に
参加しませんか?

 

次回、12月08日(木)開催の
「さぶみっと!ヨクスル in 高松」で
プレゼンターになってみませんか?

さぶみっと!ヨクスルでは「地元でこんなことをしたい!」「やりたいことを実現するためのアイデアをみんなで考えたい!」という方を場所を問わず募集しています。
ぜひあなたの「やりたい気持ち」をカタチにしませんか?以下のボタンを押して応募フォームから気軽にお寄せください。

PICK UP

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!