つくる人のコミュニティづくり【地域おこし協力隊コーディネーター 秋吉 直樹さん】

2016年9月9日 | コンテンツ管理用ヨクスル

2016年8月30日(火)高松でさぶみっと!ヨクスル「高松が盛り上がるために Webのチカラで全力応援しようぜ!」が開催されました。

さぶみっと!ヨクスルは、全国各地で開催し、地域がよくなるためにやりたいことがある人をみんなで全力応援して地域を盛り上げるイベントです。

今回プレゼンターとして登壇いただいた秋吉さんは、香川県地域おこし協力隊コーディネーターとして香川県庁に勤めており、ゆくゆくは地域振興のプレイヤーとして活躍したいという思いのもと、地域で「ものづくり」「サービスづくり」を志す人たちを集めたコミュニティイベント「TSUKURU」を作り活動しています。
よくよくお話を聞くと、もともと小田原出身だそうで、あえて小田原を飛び出して香川で活動するというチャレンジ精神の旺盛な方でした。

「さぶみっと!ヨクスル in 高松」にて、プレゼンターとして登壇いただいての感想をお聞きしました。

「作る」人が、どういう「思い」や「考え方」をしているのか?それを肌で知るために、コミュニティを作りピッチイベントを行いたい

──今回はどのようなテーマでプレゼンを行ったのですか?

僕は、自分の頭で考え新しいことにチャレンジする人が多い地域は絶対に面白いと思っています。
そして自分の頭で考える人というのは、やっぱり何か新しい「もの」や「こと」をチャレンジして「作る」人なのではないかと思っています。

そしてそういった人たちがどういう「思い」や「考え方」をしているのかをずっと知りたいと思っています。そのため「TSUKURU」というコミュニティイベントをはじめていて、今年中にはピッチイベントである「SETOUCHI TSUKURU PITCH」をやりたいと思っています。

今回さぶみっとヨクスルでは、「SETOUCHI TSUKURU PITCH」をやっていくために、「進め方や在り方、人の巻込み方」などを一緒に考えて欲しいと思い登壇しました。

──「TSUKURU」と「SETOUCHI TSUKURU PITCH」はどういう住み分けなのでしょうか?

もともとはピッチイベントをガンガンやっていこうと思っていました。

ただ、ピッチとなるとやっぱりたくさんの人を巻き込みたいですし、それこそ投資家の方などがいた方が面白いと思うのですが、やっぱりすぐには難しいと感じて、まず少し先の目標としてコミュニティイベント「TSUKURU」をはじめました。

そして、そのコミュニティイベントを発展させる形でピッチイベント「SETOUCHI TSUKURU PITCH」をやっていこうと思うようになりました。

──ブレストではたくさんのアイデアが出ましたか?

アイデア発表を順番にまわしていきましたが、僕のチームにはテウチオン(うどん騎士テウチオンは、『うどん県』香川の『讃岐うどん』をモチーフとしたご当地ヒーローです。)さんが居てブレストの雰囲気が和んで、みんなポンポンと意見がでました(笑)。

それから、いろいろな年代の人がいたけど、みなさんが臆することなく意見を出されていました。

ブレストは本当に楽しかったです。

「作る人というのは作る時も楽しいけれど、見せる場こそ最高によくて、作ったものを人に見せた時の反応こそが嬉しい」という意見、視点に「はっ」としました

──どのようなアイデアが出たでしょうか?

このノートと僕のパソコンのメモで一覧にしています。

いろいろと出ましたが、視点として「はっ」という気付きのある意見が出ました。
ひとつが「作る人というのは作る時も楽しいけれど、見せる場こそ最高によくて人の反応がうれしい。」というもの、もう一つは「作る人というのはいつも自分の作りたいものを作れるわけではない。だから本当に自由に作ったらどんなものができるのかを見たい」というものです。

──その上で、アイデアとして何を選んだのでしょうか?

選ぶ基準として、今すでにある「TSUKURU」コミュニティですぐに活かせるという視点を入れました。すると、上の二つのうち前者の「見せる場」を作る方だと思い、最終的な発表としては「つくったものを評価する場」というアイデアに決めました。

その「つくったものを評価する場」を、どこに作るか?どのように見せていくのかは、これから考えていこうと思っています。リアルな場だけではなくて、ウェブサイトでも「場」を作るとか、そんなことも今から頭に浮かびます。

──今後はどのように進めていきますか?

「TSUKURU」は、いま僕ともう一人の協力してくれるデザイナーさんの二人で動かしています。
まだ、タスクが多いわけでないのでいますぐ何かお願いしたいことがあるわけではありません。ただ少しずつタスクは増えてくると思うので、今後、サポートをしてくれるという方がいるとありがたいと思っています。

今回のヨクスルでご賛同いただいた方には、まずは「TSUKURU」のイベントに来てもらえると嬉しいです(笑)。
また、皆さまにご連絡したいと思っています。

「つくる1st~つくる人のアイディアソン」
9月23日(金)19:00~21:00
https://www.facebook.com/events/319187528472493/

──最後に「さぶみっと!ヨクスル」へのメッセージをお願いします。

周りの人には、「怪しく見えるけど、行ったほうがいいと思うよ」って伝えようと思います(笑)。

本当に楽しくて、人におすすめしたいイベントだと思いました。
実際のところ、登壇するかどうかを考えるときにウェブサイトを見て「このイベント何?本当に、自分がプレゼンしていいの?怪しい。。」みたいな感じでしたが、結果いい意味で裏切られて出てよかったです。

あとは司会の五十嵐さんとひろきさんですかね(笑)。
お二人の人柄が、ウェブサイトで伝わるようにしたり、前入りの様子などは事前に参加希望者に分かるようにすると、僕が感じた「怪しい」という感じは変わるのではないかな?(笑)

──そ、そんなに怪しかったですか?!(笑)秋吉さん、ありがとうございました!

当日のプレゼンの様子

当日のプレゼンの資料

【高松】「TSUKURU」&「SETOUCHI TSUKURU PITCH」つくる人のコミュニティづくり from さぶみっと!ヨクスル

「つくる」イベントのご案内

次回、12月08日(木)開催の
「さぶみっと!ヨクスル in 高松」に
参加しませんか?

 

次回、12月08日(木)開催の
「さぶみっと!ヨクスル in 高松」で
プレゼンターになってみませんか?

さぶみっと!ヨクスルでは「地元でこんなことをしたい!」「やりたいことを実現するためのアイデアをみんなで考えたい!」という方を場所を問わず募集しています。
ぜひあなたの「やりたい気持ち」をカタチにしませんか?以下のボタンを押して応募フォームから気軽にお寄せください。

PICK UP

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!