Googleアナリティクスを活用した
アトリビューション分析支援サービス

Googleアナリティクスを活用した
アトリビューション分析支援サービス

アトリビューション分析

アトリビューション分析とは?
コンバージョンに至るまでの流入元の履歴のデータを使い、コンバージョンへの貢献度を各流入元に再配分することです。

今までは、コンバージョンする直前のデータのみが評価されていました。しかしapple社がSafariで対応したIntelligent Tracking Prevention(ITP)の影響で直近のクッキーデータを保持するのが難しくなり改めて広告の接触ポイントの再評価をする時です。アトリビューション分析でGoogle広告のデータをGoogleアナリティクスにインポートすることでアトリビューション分析を円滑におこなうことができます。

会員データや店舗の販売データなどのオフラインデータとオンラインデータを統合しアトリビューション分析

コンバージョンするタイミングが、オフラインである場合はどうでしょうか?
例えば、お店への来店がコンバージョンとなる場合は、オンラインだけのデータでは、広告の効果を計測することは、難しいでしょう。弊社では、オフラインデータ(会員システムや実店舗の販売データなど)とオンラインデータを統合し名寄せなどを行いBigQueryで分析できるサービスを提供できます。

統合データを活用した運用広告支援

統合したデータによって効率的なセグメント配信が可能にします。高価値ユーザや低価値ユーザをセグメントでわけることでセグメントごとに広告の出し分けを可能にします。

弊社のアトリビューション分析基盤構築支援サービス

①Googleアナリティクスのcidデータにデータ統合
CRMデータなどのファーストパーティーデータをカスタムディメンションにデータを入れることでcid起点でのデータ分析を可能にします。

・オフラインデータとオンラインデータをcidで紐付けし統合解析基盤を構築
・会員情報システムや販売システムとcidを紐付けて購買履歴分析基盤を構築

②データスタジオによる広告評価レポーティング

Google データスタジオを用いてデータ分析ダッシュボードを作製します。広告の再配分(リアロケーション)する明確な指標が見えることで御社の広告予算削減とコンバージョンの最適化を促します。

③広告評価レポーティングデータを元にしたアトリビューション分析

起点モデル・終点モデル・データドリブンモデル、それぞれのデータを元にしたリロケーション(予算配分)を御社と一緒に分析をします。

④広告運用インハウス化支援

広告運用のインハウス支援もいたします。アトリビューション分析基盤のデータを元に広告運用を企業内部に知見を貯めていく「広告運用インハウス化支援」もおこなっています。御社の広告運用チームのノウハウとして溜め込むことができます。

弊社にて広告運用のデータスタジオに広告評価レポート作成後に、企業様のインハウス運用に切り替えることは可能です。その場合は、広告の再配分のアドバイスや広告評価レポーティングをサポートする立場に回ってご支援させて頂きます。

⑤機械学習活用支援

BigQueryで統合されたデータ構築基盤とデータ分析・ダッシュボード化されたデータを元にGoogle 機械学習を用いてセッションの品質管理やスマート自動入札などを可能にします。

統合されたGoogleアナリティクスの行動データから高価値ユーザ予測をし、より効果的な広告運用を可能にします。需要予測も可能になるため、いつ予算配分を変更すべきかなど機械学習ならではのデータを提供することも可能にします。

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

事例紹介

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!