自治体が抱えるリアルな地域課題を企業が解決するワークショップ「デジマ式 plus」の取り組みを開始

2019年12月2日 | コンテンツ管理用ヨクスル

人口減少、少子高齢化、過疎化、産業衰退、後継者不足、災害対策、有害鳥獣被害・・・、など地域が抱える課題は多様化しています。これらの地域課題を解決して、くらしやすい地域づくりの実現を図るのは自治体や地域の方だけではありません。地域の外にいる事業者だからこそできる、新たな原因の発見、テクノロジーを駆使した解決策があります。

「デジマ式 plus」は、イー・エージェンシーが取り組む地元創生プロジェクト「さぶみっと!ヨクスル」と伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)が運営する「Innovation Space DEJIMA」による共同プロジェクトです。

双方の強みである自治体ネットワーク、オープンイノベーション創出、コミュニティ運営を掛け合わせ、「デジマ式 plus」では自治体職員が自らの地域における課題をプレゼンし、その課題解決に向けて新たな価値を創造していくだけでなく、実現に向けて提案を行い事業化を目指していきます。

地域課題をプレゼンする自治体

・2019年10月30日(水) 宮城県仙台市開催レポートはこちら

・2020年1月22日(水) 山口県宇部市

・2020年2月19日(水) 長崎県長崎市

デジマ式 plus の流れ

「デジマ式 plus は当日に行う「ワークショップフェーズ」と、ワークショップ終了後に行う「フォローアップフェーズ」に分かれています。
ワークショップフェーズでは、自治体職員から地域課題をプレゼンしたうえで、地域課題の原因を洗い出し、解決案を検討・発表をします。フォローアップフェーズでは各企業の解決案を自治体にて選定していきます。事業化に向けて企業とのマッチングを行い話し合いの機会を設け、提案への後押しをしていきます。

デジマ式plus 概要

開催日 2020年1月22日(水) プレゼン予定自治体「山口県宇部市」
2020年2月19日(水) プレゼン予定自治体「長崎県長崎市」
時間 14:00~17:30(開場13:45)
会場 Innovation Space DEJIMA
東京都品川区東五反田2丁目10−2
東五反田スクエア13F
参加条件 ・地域課題に対してICTを駆使した提案を行える企業
・自治体に対して提案、事業化までを目指せる企業
・新規事業担当者を含む、3名で参加できる企業
定員 ・各回5社限定
・1社あたり3名でご参加ください
・お申し込み多数の場合は抽選となります
費用 無料
主催 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
株式会社イー・エージェンシー
協力 宇部市

貴社のテクノロジーを駆使して地域課題を解決しませんか?

お申込みは、メールにて承っています。件名に「デジマ式への参加希望」と記載したうえで以下の情報をお送りください。
内容確認のうえ、事務局より折り返しご連絡をさせていただきます。

1.企業名
2.参加メンバーの所属部署及び氏名(3名)
3.連絡先(代表者メールアドレス)
4.参加希望日(1/22 or 2/19)
5.デジマ式plusに期待すること、意気込み、アピールポイント等

 

メールアドレス
dejima-shiki@ctc-g.co.jp

Facebookでも情報発信しています

デジマ式 plusの情報はFacebookでも発信しています。ぜひフォローのうえデジマ式 plusの最新情報をお受取りください。

PICK UP

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!