10/4~5開催 アドテック東京公式プログラム “顧客接点”が変わる!スマートスピーカーがもたらすデジタル資産の進化

2018年8月21日 | 広報・PR・イベント運営担当

10月4日(木)~5日(金)、今年で10年目を迎える「アドテック東京2018」が開催されます。公式トークセッション「”顧客接点”が変わる!スマートスピーカーがもたらすデジタル資産の進化」では、弊社取締役の野口がモデレーターを務めます。

アドテック東京2018公式トークセッション、オプト様&ワーナーミュージックジャパン様&電通デジタル様と探る「“顧客接点”が変わる!スマートスピーカーがもたらすデジタル資産の進化」

いちばん身近に普及するAIのひとつ、スマートスピーカー。スクリーン(画面)付きの「Amazon Echo Spot」の登場で、さらなる利用の加速が予想されます。VUI(Voice User Interface)の進化や、家電を含めた各デバイスとの連携、複数AIモデルとの掛け合わせ利用、ログデータの利活用など、スマートスピーカーとともにすぐそこにある未来にどんな可能性が待っているのか?

セッションのテーマは「スマートスピーカーがもたらすデジタル資産の進化」。ゲストスピーカーには、オプト様、ワーナーミュージックジャパン様、電通デジタル様より、それぞれテクノロジー、コンテンツ、UX/UIデザインという各分野の実力派の有識者をお招きして、ざっくばらんに語り合います! 三者三様の視点から、ぶっちゃけトークな議論が繰り広げられるのをどうぞご期待ください!

→ 詳細および参加申込は「アドテック東京2018」の公式ページへどうぞ
http://adtech-tokyo.com/ja/

<ゲストスピーカー>

●株式会社オプト
CTO, テクノロジー開発部部長
平岩 二郎 氏(初)

独立系開発会社にてWebアプリ、スマートフォンアプリを含む多種多様な開発を経験した後、Demand Side Science株式会社の立ち上げに参画。現在はオプトにも在籍し、オプト内の様々なプロダクトに積極的に関わり、直近はCTOとして「OptTechnologies」というオプト内のエンジニア組織を運営中。

●ワーナーミュージックジャパン株式会社
邦楽デジタルマーケティンググループ マネージャー/ディレクター
栗田 慎太郎 氏(初)

●株式会社電通デジタル
ビジネス&UXデザイン事業部 クリエーティブディレクター/UXデザイナー
泰良 文彦 氏(初)

クリエイティブディレクター、 UXデザイナー、大規模サイトやカーナビインターフェイス、ゲームのUX/UI設計からグラフィック、映像まで幅広いクリエイティブディレクションを数多く経験。最近はデザインスプリントを用いて数多くのVUIのパーソナリティの開発に携わっている。HCD-net認定Human Centered Design Professional

<モデレーター>

●株式会社イー・エージェンシー
取締役
野口 竜司(4回目)

Google アナリティクス 360を中心とした行動データや、CRMデータ/店舗データ等の統合活用を推進。統合データを用いたAI/ディープラーニングによる予測モデルの開発や、データ駆動型組織づくりも支援する。アドテック東京では2015/2016/2017に登壇。アドテック東京2018ではアドバイザリーボードに就任。

→ 詳細および参加申込は「アドテック東京2018」の公式ページへどうぞ
http://adtech-tokyo.com/ja/

 

アドテック東京とは?

アドテックは世界の主要都市で開催されるマーケティング・カンファレンスです。そのうちアドテック東京は今年で10周年。アジアで最大規模の国際マーケティングカンファレンスとなっています。(アドテック関西も今年で5周年。関西では最大規模の国際マーケティングカンファレンスとして、京都・大阪・神戸の三都市で開催されています。※本年は開催済み)

広告主、エージェンシー、ソリューションプロバイダー、メディアなど、各ジャンルの主要なマーケターが多数集結。アドテクノロジーにとどまらず、関連するマーケティングマネジメントも包括し、常に最先端の情報を届けています。

 <アドテック東京2018開催概要>

日時:2018年10月4日(木)~5日(金)(2日間 / カンファレンス&展示会形式)
会場:東京国際フォーラム
参加者数見込み:1.5万人程度
公式URL:アドテック東京2018 http://www.adtech-tokyo.com/ja/
ad:tech(グローバル) http://ad-tech.com/

<アドテック関西2018開催概要>※開催済み

日時:2018年7月4日(水)~6日(金)(3日間 / カンファレンス&展示会形式)
会場:神戸・大阪・京都の順に1日ずつ開催
参加者数見込み:3,000人程度
公式URL:アドテック関西2018 http://adtech-kansai.com/
ad:tech(グローバル) http://ad-tech.com/

 

▼【関連インフォメーション】
→ アドテック東京2018、今秋10周年の開催に向けてアドバイザリーボードが始動しました!

→ マーケターがAIを実務で活用していくために必要なことは? MarkeZine連載マンガに弊社野口が登場

▼【関連セミナー】
→ 10/26(金)開催、マーケジン・アカデミー「超入門!文系ビジネスマンのためのAI/ディープラーニング教室」

▼【関連サービス】
→ AIでおもてなしを – AIマーケティング活用ソリューション for Google マーケティング プラットフォーム

PICK UP

広報・PR・イベント運営担当

ライター

おもてなしを科学するイー・エージェンシーでは、クロスデバイス分析によるユーザー単位の分析やオンラインオフラインを横断した分析など次世代の分析をサポート。また分析データを元にしたABテスト支援から、EC領域での購買、行動データを活用したレコメンドシステムなどを提供。 お問い合わせはこちらにどうぞ。

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!