【先輩社員インタビュー第3弾】常に前向きに前「進」する課題解決の先駆者!アカウント戦略本部

2018年12月13日 | 広報・PR・イベント運営担当

こんにちは、2018年度新入社員です。
私たち新入社員は入社前、会社や部署の詳しい事業内容や社風が、サイトの情報だけでは見えづらいな~と感じていました。
そこで、見えづらかったそれらを知り、さらに入社後に知った良い部分をこれまで以上に広めるために、先輩社員にインタビューをして、部署のこと、会社のことを聞いてご紹介することにしました!
第3弾の今回は、アカウント戦略本部の2名にインタビューしました。

 

常に前向きに前「進」する課題解決の先駆者!アカウント戦略本部

アカウント戦略本部は、Google アナリティクスでのデータの活用や、A/Bテストなどについてコンサルティングを行っています。
増田直行(以下増田)
第一クライアントビジネス部 アカウント戦略チーム (1)
中途入社 13年目

溝江大(以下溝江)
第二クライアントビジネス部 クライアントサクセスチーム (2)
新卒入社 3年目

※組織図・所属ともインタビュー時点

 

早速ですが、皆さんの経歴について教えてください

増田
「前職は今でいうスタートアップのeコマースサイトの開発運営会社でした。
その会社では、ディレクション・デザイン・制作・発注など、一通りやっていました。
イー・エージェンシーに入社後は、まずメガバンクのコーポレートサイトのプロジェクトマネージャー兼プロデューサーを担当し、そこからお客様と関わる機会が増えるようになって、自然と今の職務になりました。

イー・エージェンシーに入社した決め手は、採用担当の方を通じて知った社員の人柄が魅力的だったことです。
採用担当の方自身も面白い人でしたね(笑)。」
溝江
「もともとはWEBという業界にそんなに興味はありませんでした。
広告業界を探していて、そこで偶然『eA』というキーワードで引っかかってきて、『ちょうど説明会もやっているし、行ってみようかな』という軽い気持ちでした。
その説明会で、イー・エージェンシーの強みや社員の人柄、風通しの良い社風を魅力的に感じ、入社にいたりました。」

現在のお仕事内容を教えてください

増田
「お客様に対して、課題のヒアリングと提案を繰り返し行なっています。
ヒアリングの際は、潜在的な課題を引き出し、顕在化できるよう心がけています。

ヒアリングをしながら提案も行なっていくため、瞬発力が必要となります。
この力を身に付けるのが結構難しくて、ただ場数を踏めば良いというわけではないんですよね。
やはり幅広い知識が重要になります。
とにかくアンテナを張って情報を得ることが大切です。

私たちの仕事は、『冷蔵庫の中にある決められた食材を使って、どれだけ美味しいものが作れるか』を考えることに似ていると思います。
同じ食材でも料理人の技や経験によって料理が異なるように、知識あっての経験が大事です。
お客様の要望(食材)を30分間ヒアリングし、20分で考えて(調理して)、何ができるか(どんな料理を作るのか)を提案するのが仕事内容ですね。」

溝江
「アカウント戦略チーム(増田所属)がお客様からの要望を聞き、提案を行います。
導入が決定したら、私が所属するクライアントサクセスチームの方でスケジュールやお見積もりを作成します。
導入の相談をいただいてから導入完了するまでは、ともに協力し合って行動します。
導入後もトレーニングなどの継続的なサポートや、課題解決のための提案を行なっていきます。」

 

困難だったことと、それをどう乗り越えたか教えてください

増田
「一つの困難から他の困難が発生するというように、困難が重なることが困難ですかね(笑)。

乗り越え方は、重なった困難を困難だとは思わずに、それを楽しむことです。
問題を解決するためのプロセスは制限されてはいませんし、決まりきった方法もありません。
自分で考えるしかないのですが、逆に言えば、自分で自由に考えられるということでもあります。
その過程を楽しんで、色々試して挑戦していくことだと思います。
解釈の仕方で行動が変わると思いますので、どう自分の解釈をポジティブに持っていくかが大切だと思っています。」

溝江
「お客様によって課題が毎回違うので、毎日が困難の連続ですね。
ですが、困難を細分化して一つ一つ解決していくことによって、最終的に課題を解決することができます。

困難が大きすぎたり多すぎたりすると、理解しきれずに細分化するのが難しいことがあります。
そういった場合は、先輩に相談したり、そもそもお客様の目的とは何か、最終的なゴールを考え直すことにしています。
このプロセスを踏むことで困難な課題を細分化し、ゴールを明確にアウトプットすることができるようになります。」

イー・エージェンシーの社風についてはどう思いますか?

増田
「人柄もありますが、非常に風通しがいい会社だと思います。
チームの雰囲気という点でも、お客様と関わる仕事なので、基本的に明るく活発で、ポジティブな方が多いですね。
いい意味で笑い声がうるさい人が多いですかね(笑)。
営業部門なので、明るく前向きで、かつ、適応力のある人が向いていると思います。」

溝江
「『おもてなしを科学する』というのが企業理念ですが、みんな何かしらそれを頭に入れて動いているように思います。
クライアントに対しても、社員に対しても、しっかりと改善していこうという姿勢が見られます。

今年(2018年)の4月には、社員が自由に利用できるコラボレーションスペースが完成しました。
こういった取り組みにも、社内の働き方や福利厚生を向上させていこうという姿勢が感じられます。
『おもてなしを科学する』という企業理念が社内に浸透していると思いますね。」

 

会社の強みはなんだと思いますか?

増田
「先見性があり、採り入れるのが早いと感じます。
良さそうと思うものは柔軟に採り入れて、適用していくところが強みですね。」

溝江
「1つは、常に挑戦し続けている企業というところ。
もう1つは、事業の手広さだと思います。

イー・エージェンシーには『データ・AI活用』『プロダクト開発』『グローバル展開・地方創生』という3本の事業があります。
軸がもし1本だったら、それが倒れてしまうと企業として成り立たなくなってしまいます。
ですが、軸が3本あれば、1つ崩れたとしても残り2つで立て直すことができます。
それゆえに常に挑戦することができる。
それがイー・エージェンシーの強みだと思います。」

 

今イー・エージェンシーを漢字一文字で表すと…

お二人とも同じ漢字になりました。同じ目的に向かって「進」んでいく姿勢が伝わってきました。
インタビューを通じて、困難を乗り越えていくための心構えを学ばせていただきました!

 

これから就活・入社してくる方に向けて一言お願いします

増田
「とにかく前向きに楽しんでください!」

溝江
「就活時期って、自分が何をやりたいか、今後どうしていきたいか、本当のところはわからないものだと思います。
なので、幅広い業界を見てほしいと思います。
自分は広告業界に絞っていましたが、広告って意外とどの業界でもできたりするものですので。
やりたいことはその業界でしかできないわけではないので、視野を幅広く持ってほしいですね。」

新卒1年目の企画した「先輩社員インタビュー」は今回で完結します!
イー・エージェンシーの魅力を少しでもお伝えできたでしょうか?
部署ごとの詳しい事業内容や社風をお伝えする目的で始めた企画でしたが、インタビューをすることで私たちも毎回新しい魅力を発見することができました。
この会社で働くことに誇りを持って、がんばっていきたいと思います!

▼先輩社員インタビュー2018

【第1弾】データ活用支援のプロ集団!データドリブンサービス本部

【第2弾】時には「遊び心」も!一歩一歩着実にお客様の課題解決に貢献する“おもてなしびと”!クラウドビジネス開拓本部

【第3弾】常に前向きに前「進」する課題解決の先駆者!アカウント戦略本部 ※このページ

PICK UP

広報・PR・イベント運営担当

ライター

おもてなしを科学するイー・エージェンシーでは、クロスデバイス分析によるユーザー単位の分析やオンラインオフラインを横断した分析など次世代の分析をサポート。また分析データを元にしたABテスト支援から、EC領域での購買、行動データを活用したレコメンドシステムなどを提供。 お問い合わせはこちらにどうぞ。

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!