10月19日開催の札幌ヨクスルは、地元運営メンバーが大活躍!!

2018年10月29日 | コンテンツ管理用ヨクスル

2018年10月19日(金)「さぶみっと!ヨクスル in 札幌」を開催しました!
地元の運営メンバーのみなさま、大活躍でした!

■札幌運営メンバーがぶっとんでた!

・選んだ会場がなんと、国指定重要文化財!
・プレゼンターに札幌市の環境局の方を呼んでくる強い巻き込み力!
・集客力が、ハンパない!特に最後の一週間の追い込み、すごかったです!
・当日準備の機動力がやばい!

と、数え上げたらきりがないです。みなさま本当にありがとうございました!

 

 

■自治体のみなさまもご見学いただいた札幌ヨクスル

この日の開催会場は国指定重要文化財、豊平館。

地元の方々も実はあまり足を運んだことがないそうで、
「豊平館に行ってみたい!」という動機でお越しの方もいらっしゃいました。
「イベントは会場選びから始まるんです!」といったところも、ヨクスルの醍醐味です。

また、この日は北海道庁の方や札幌市の方もご見学いただき、自治体のみなさまの北海道、札幌への
思いの強さを感じました!

 

会場にはおよそ30名の方が集まり、以下の3つのテーマの実現に向けたアイデアを出し合いました!

 

<空き店舗を活用して観光客と島民との交流の場を!>

一般社団法人 天売島おらが島活性化会議 坂本 学さん

 

<持続可能なまちづくりの取組に若者をもっと参加させたい!>

札幌市環境局 佐竹 輝洋さん

 

<本来持っている自然治癒力を高めて病院いらずな健康な体作りを広めたい!>

鍼灸接骨院 虹色のWOODs 牧野 裕昭さん

 

上記プレゼンのほか、前回のヨクスルでプレゼンターとして登壇されたカカラプロジェクトの大滝 知子さんから
「ヨクスルに登壇されてのその後」をお話いただきました。

東北と北海道をつなげるイベントをもっと活性化したい!

 

先輩プレゼンターさんとして、プレゼンターの心構えや参加者のみなさまへのアドバイスなどを織り交ぜ、
プロジェクトの進捗を報告いただきました。
先輩プレゼンターさんがイキイキと語る姿を見ると、毎回元気をもらえます。

 

さぶみっと!ヨクスルの醍醐味はブレスト

 

プレゼンのあとはブレスト(ブレインストーミング)を行い、参加者のみんなでアイデアを出し合います。
さぶみっと!ヨクスルの醍醐味は何といってもブレストです。
ブレストを行うことが互いを受け入れるポジティブな空気を生み、さらに一体感と団結力が膨らんでいきます。

 

まず、20分間で100個のアイデアを目指していきます。
その後、アイデアをひとつ選びFacebookメッセンジャーでグループをつくり、
参加者のみなさまでアイデアの実現に向けてプロジェクトを立ち上げます。

さぶみっと!ヨクスルは地域が元気になるきっかけの場です。
地域を盛り上げていくのはそこに住むみなさまです。
参加されるみなさまが繋がり、コミュニティが生まれることが地域の活性へと繋がっていきます。

■あなたの地域でもさぶみっと!ヨクスルを
開催しませんか?

ありがたいことに、今回のヨクスルで多くの反響をいただき、お問い合わせをたくさんいただいております!
さぶみっと!ヨクスルは全国各地で実施しているアイデアソンイベントです。
行政の方や地元企業の方々からの開催のご依頼を歓迎致します。

たとえば行政の方には、市民協働、ものづくり、観光、福祉、教育、子育て、など、その地域をもっと好きになり、
住み続けたい!と思ってもらえる、地元企業の方々には、社員研修、人材育成、地域貢献など、
人のつながりを強くする、そんなきっかけを作ることができます。

ご興味のある方はFacebookよりお気軽にメッセージをください。

さぶみっと!JAPANのFacebookページはこちら

PICK UP

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!