クリックストリーム視覚化分析システム「AminoFlow(アミノフロー)」、分析・レポート機能強化

2002年8月26日 | 広報・PR・イベント運営担当

2002年08月26日

クリックストリーム視覚化分析システム「AminoFlow(アミノフロー)」、分析・レポート機能強化

株式会社イー・エージェンシー

イー・エージェンシーが開発、インターフェイスも一新してさらに便利に

Webインテグレーション、メールマーケティング、Webプロモーションを支援する株式会社イー・エージェンシー(本社:東京都千代田区/代表取締役:甲斐真樹)は、クリックストリーム視覚化分析システム「AminoFlow(アミノフロー)」の分析・レポート機能を強化するとともに、インターフェイスを一新し、さらなる機能の充実と利便性の向上を実現しました。バージョンアップ版の提供開始日は 8月26日です。

クリックストリーム視覚化分析システム「AminoFlow」は、Webサイトやメールのクリックストリームを視覚的に分析できるソフトウェアです。従来、クリック分析といえば、ユーザーに非常に煩雑な作業を強いるものでした。そこで「Amino Flow」では「クリック視覚化分析」と「経路視覚化分析」の2つの機能によって、一目で結果を把握・分析することを可能にし、従来の作業負担からユーザーを解放することを実現しています。また、実際のWebサイトやメール本文そのものを見たまま結果を確認できるので、クリックの多寡やページ移動の状況をユーザーの視点・発想に立って分析しやすくしています。

今回のバージョンアップでは、これら「クリック視覚化分析」と「経路視覚化分析」の2つの機能に加えて、さらに多彩な分析・レポート機能を追加することによって、基本機能を強化充実しています。また同時に、ユーザビリティを見直すことによってインターフェイスを一新し、さらなる利便性の向上を実現しました。

■新機能詳細

クリックストリーム視覚化分析システム
「AminoFlow(アミノフロー)」

1●分析・レポート機能の強化

◆ 各種分析・レポート項目の追加
これまでのクリック視覚化分析、経路視覚化分析に加えて、URL別、日付別、時間帯別の一覧表示も可能。

◆ グループを設定すれば、グループ単体の分析だけでなく、グループ同士の比較分析も可能。

◆ データの一覧表示画面で、タイトル、発行部数など、各項目ごとに昇順・降順の並び替え表示が可能。

◆ 画面表示されたレポートはすべてCSV形式でダウンロード可能。

2●設定機能の向上

◆ Webサイトやメール本文中の各URLにチェックボックスを表示。
分析対象に設定するかどうかの自由度を向上。

3●アカウント発行機能

◆ アカウント発行によって、利用権限を持つメンバーや課金対象となるデータの管理が可能。

4●ページデザイン、インターフェイスを一新

◆ 全体的にページデザイン、インターフェイスを見直すことで使用感を向上。

■基本機能詳細

1●特徴

◆ 実物のイメージそのままでクリックカウントを把握できる「クリック視覚化分析」

・ 実際に分析したいWebサイトのページやメールの本文をそのままのデザイン、レイアウトで画面に取り込み、その画面上にクリックカウントを表示します。
・ 数値は対応するリンク(URL)のすぐ右脇に表示されるので、どのリンクがどれだけクリックされたのか、実物のイメージそのままで視覚的に結果を把握できます。
・ 従来のように実際のURLの掲載場所とクリックカウントの結果レポートとをあちこち見比べる煩雑な作業から解放されます。
・ 数値は視認性の高い赤字で表示されます。

※ サンプル画面

◆ ユーザーの行動をページ名による流れ図で追跡できる「経路視覚化分析」

・ Webサイトを訪問したユーザーが、そのサイト内でどのページをどのような順番で見たのか、各ユーザーの行動(ページ間の移動)を追跡し、移動経路を図示します。
・ 移動経路は、各ページの名前による流れ図で表示され、ユーザーの行動を把握しやすくなっています。
・ 最終的な誘導目標となるページを設定すると、視認性の高い赤字で表示されます。

※ サンプル画面

※ AminoFlow(アミノフロー)」は、いずれの機能もブラウザ上で簡単に操作・閲覧できます。

2●利用例(用途)

◆ Webサイトやメールのユーザビリティの改善

Webサイトの各ページのデザインやレイアウト、ページ間の構成およびそのナビゲーションなど、Webサイトのリニューアルの必要性を定量的なデータをもとに検証できます。また、メール広告、メールマガジンについても同様に分析できます。

◆ キャンペーンなどプロモーションの比較分析

リアルタイムで視覚的に表示されるため、キャンペーン運営中でもキャンペーンページやメール広告のレイアウト、キャッチコピー、あるいは掲載媒体などによる効果の違いを一目瞭然で分析できます。

※ その他、商品構成(販売方法)・料金等は下記までお問い合わせください。

■株式会社イー・エージェンシー

Webインテグレーション、eメールマーケティング支援、Webプロモーション・キャンペーン支援を業務の3本柱に、戦略の立案から設計・開発・実装・運用・評価まで一貫したサービス展開によって、依頼主と生活者とのリレーションの強化に貢献します。

●会社概要

社名: 株式会社イー・エージェンシー
所在地: 東京都千代田区有楽町1-9-4 蚕糸会館4階
電話番号: 03-4334-9091
FAX番号: 03-4334-9091
資本金: 2,850万円
設立: 998年 1月
代表取締役: 甲斐真樹
URL: https://www.e-agency.co.jp/
業務内容: ・Webビジネスのコンサルティング
・Webサイトの設計・構築・運用
・Webマーケティング支援ソリューションの開発
・Webプロモーションのシナリオ設計
関連会社: ドラゴンフィールド株式会社
http://www.dragonfield.com/
e-365株式会社(さぶみっと!JAPAN)
http://www.e-365.com/
株式会社フューチャースピリッツ
http://www.future-s.com/

■お問い合わせ先■

本件に関するお問い合わせは、下記までお寄せ下さい。
株式会社イー・エージェンシー
インタラクションデザイン本部
担当:平松・橋本

e-mail:sales@e-agency.co.jp

PICK UP

ライター

おもてなしを科学するイー・エージェンシーでは、クロスデバイス分析によるユーザー単位の分析やオンラインオフラインを横断した分析など次世代の分析をサポート。また分析データを元にしたABテスト支援から、EC領域での購買、行動データを活用したレコメンドシステムなどを提供。 お問い合わせはこちらにどうぞ。

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!