徳島県主催「とくしま 藍の日記念フォーラム」で地元創生アイデアソン「さぶみっと!ヨクスル」7月24日(水)開催

2019年7月19日 | muramatie

徳島県主催「とくしま 藍の日記念フォーラム」公式プログラム
地元創生アイデアソン「第1回 さぶみっと!ヨクスル in 徳島」、
7月24日(水)開催

「藍とくしま」ロゴマークおよび「組藍海波紋(くみあいがいはもん)」展開形。
デザインは2020年東京オリンピック・パラリンピック公式エンブレムの作者、
野老 朝雄(ところ あさお)氏による。
(中央下テキスト2行・右下「さぶみっと!ヨクスル」ロゴマークを除く。)

 

「地元をもっとよくしたい!」 徳島県特産の藍産業と地域の発展をテーマにアイデアを出し合う参加者募集中

2019年7月24日(水)、徳島県主催「とくしま 藍の日記念フォーラム」において、公式プログラムとして地元創生アイデアソン(※)「第1回 さぶみっと!ヨクスル in 徳島」を開催します。また、徳島県特産の藍産業と地域の発展について、有志から発表されるテーマをもとにアイデアを出し合う参加者を募集しています。

(※) アイデアソンとは、アイデアとマラソンを掛け合わせた造語で、ある特定のテーマについて新しいアイデアを生み出すために行われるディスカッション手法のことです。

 

徳島県主催「とくしま 藍の日記念フォーラム」とは?

徳島県では、県特産の藍の魅力を県内外はもちろん世界にも発信するため、7月24日を「とくしま藍の日」、7月を「とくしま藍推進月間」、藍色を「徳島県の色」とする条例が定められています。7月は藍関連の取組みやイベントが多数開催され、そのうち7月24日「とくしま藍の日」に徳島県主催で開催されるのが「とくしま 藍の日記念フォーラム」です。

2020年東京オリンピック・パラリンピックの公式エンブレムに藍色が採用され、文化庁から「阿波藍」が日本遺産に認定されました。2025年には「大阪・関西万博」が開催されます。こうした状況は、徳島県の様々な藍を国内外に向けて強く発信できる絶好の機会と捉えることができます。

今回の「とくしま 藍の日記念フォーラム」では、徳島県の藍産業が抱える課題や日本遺産の活用、今後の魅力発信の展開などについて、第1部で基調講演、第2部で参加者も一体となって考える地元創生アイデアソン「第1回 さぶみっと!ヨクスル in 徳島」を開催し、藍産業および藍を通じた観光の振興と発展を図ります。

 

地元創生アイデアソン「第1回 さぶみっと!ヨクスル in 徳島」

◆テーマ

今回の「とくしま藍の日記念フォーラム」では、第1部の基調講演に続いて、第2部で参加者も一体となって考える地元創生アイデアソン「第1回 さぶみっと!ヨクスル in 徳島」を開催します。テーマはいずれも徳島県特産の藍産業と地域の発展を考える有志がプレゼンターを務め、参加者全員でアイデアを出し合います。(下記は7月10日時点。)

  • 「天然藍の良さや伝統の深さをより多くの人に知ってもらいたい!」
    プレゼンター:上板町地域おこし協力隊 豊島 達朗さん
  • 「美しい天然藍の魅力をオープンハウス型の工房や移動式工房で発信したい!」
    プレゼンター:藍住町地域おこし協力隊 德永 真紀子さん・藤本 愛海さん

また、こうしたテーマをもとに、アイデアを出し合う参加者を募集しています。

◆開催概要・・・徳島県主催「とくしま 藍の日記念フォーラム」

日時:2019年7月24日(水) 13:30~16:00(開場13:00)
第1部 基調講演
第2部 地元創生アイデアソン「第1回 さぶみっと!ヨクスル in 徳島」
会場:技の館
住所:徳島県板野郡上板町泉谷字原東32番地4
定員:100名
参加費用:無料
主催:徳島県
共催:藍住町・阿波市・石井町・板野町・上板町・
北島町・徳島市・美馬市・吉野川市(五十音順)
協力:株式会社イー・エージェンシー

◆詳細・お申込

詳細・お申込は、下記の「とくしま藍の日記念フォーラム『さぶみっと!ヨクスル in 徳島』」のページをご覧ください。

「とくしま藍の日」記念フォーラム『さぶみっと!ヨクスル in 徳島』【2019年7月24日(水)開催】

◆直近開催時の様子

直近開催時の様子は、下記の6月20日(木)開催「『第7回 さぶみっと!ヨクスル in 名古屋』開催レポート!」のページでご覧いただけます。

「第7回 さぶみっと!ヨクスル in 名古屋」開催レポート!

地元創生アイデアソン「さぶみっと!ヨクスル」とは?

地元創生アイデアソン「さぶみっと!ヨクスル」は、株式会社イー・エージェンシーがCSV(Creating Shared Value)として取り組み、一般事業者や地方自治体等の公共団体に限らず、地域の多様な市民が参加して地域活性を促しているワークショップ(参加・体験型講座)です。

2016年より主に全国6都市(札幌、仙台、名古屋、大阪、高松、那覇)を中心に開催し、地域課題の解決のため、アイデアソンを通じて数々のプロジェクトを生み出しています。また、これまで3年以上に渡る継続と、生み出されたプロジェクトの成功により、各地で多様な市民の繋がりを生み出してきました。

現時点で、50回以上開催され、120名以上の地域課題のプレゼンターと同数のプロジェクト、さらに1,000名を超える一般参加者、5,000個を超えるアイデアを生み出しています。最近では、前述の6都市から近隣の地域にも波及し、奈良県大和高田市、宮城県富谷市をはじめとして、市民との協働・共創を目指す自治体とともに継続的な開催も行っています。

◆株式会社イー・エージェンシー会社概要

会社名 : 株式会社イー・エージェンシー
代表者 : 代表取締役 甲斐 真樹
設立  : 1999年1月6日
従業員 : 国内115名 / 海外115名 ※グループ会社含む(2017年10月時点)
資本金 : 9,500万円(2011年5月時点)
所在地 : 〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-9-4 蚕糸会館4階
事業内容 :
(1)データドリブンマーケティング支援事業
・Google アナリティクス 360をはじめとするGoogle マーケティング プラットフォーム
・データ統合やAI・機械学習によるデータ活用
・A/BテストやWeb接客パーソナライズ
・Webインテグレーション ほか
(2)クラウドASPプロダクト事業
・Webサイト翻訳・多言語化対応ツール「shuto翻訳」
・カゴ落ち対策MAツール「CART RECOVERY(カートリカバリー)」
・国内シェアNo.1のレコメンデーションエンジン「さぶみっと!レコメンド」 ほか
(3)グローバルEC・プロモーション支援事業
・中国ECモール向け越境EC進出支援サービス
・インドネシア・マレーシア・タイEC支援サービス
(4)地元創生支援事業
・地元創生アイデアソン「さぶみっと!ヨクスル」
URL  : https://www.e-agency.co.jp/

◆本件に関するお問い合わせ先

株式会社イー・エージェンシー
東京オフィス
担当 : 五十嵐・甲斐大樹
住所 : 〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-9-4 蚕糸会館4階
TEL : 03-4334-9094
E-mail : glocal@ml.e-agency.co.jp

PICK UP

muramatie

ライター

イー・エージェンシーに入社して早十ウン年。近頃は広報PRマーケティングチームで、ない知恵を絞る毎日です。

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!