明けましておめでとうございます!

2022年1月5日 | 甲斐大樹

明けましておめでとうございます。
イー・エージェンシーの広報部です。

本年もよろしくお願いいたします。

こちらはイー・エージェンシーの令和4年 年賀状となります。
今年も皆さまにメールにてお送りしております。

今回は、この年賀状メールを作った経緯についてご紹介をしていきたいと思います。

1年に1度の大事なご挨拶。広報だけでなく社員みんなを巻き込みたい
毎年、イー・エージェンシーではさまざまな形で年賀状をお送りしております。
これまでは広報部で、プレゼントや趣向を凝らした巻物的なレター形式など工夫を凝らし、皆さまの心に残るようにと企画してお送りしておりました。
しかし、今年は趣向を凝らすよりシンプルなご挨拶とちょっとした情報を載せて年賀状メールをお送りすることにしました。

企画を複雑にすると細部まで詰める必要があり、どうしても専門チームである広報部だけでこの取り組みをしてしまうことになります。
今年は広報部だけで進めるのではなくシンプルな企画にすることで社員のみんなを巻き込みたいと考えました。

仕掛けはシンプルですがみんなが参加してくれました
ということで、今年の年賀状メールでは社内でちょっとだけ仕掛けをしました。
その内容はお送りするデザインを社員みんなで選ぶ。ただ、これだけ。

「みんなで選ぶ、みんなで作る」というこの点が本当に大事です。
というのも広報だけで企画して、さらにメールというような形で年賀状を送ると、社員にとっては、「あれ?いつ送っていたの?」「あの人に送られてるのかな?」と本来心を込めて送る年賀状メールがそうではなくなってしまいます。
※広報だけでやると、本来の年賀状の役割である「心を込める」ということができないと考えたのです。

そのようなことをなくすために、一人一人が自ら感謝を持って送ることができるようにみんなにちょっとずつ協力してもらうことにしました。

デザインをわいわいみんなで選ぼう!
社員のみんなにしてもらったのは、①年賀状メールのデザインは五つ候補を作成しその中から全社アンケートで一つのデザインを選んでもらうこと、そして②この人にはぜひお送りたいという担当者を部門ごとに登録してもらうことでした。

やりたかったことは、イー・エージェンシーが創業した26年前、平成のはじめの頃。家族や職場みんなでプリントゴッコという機械を使い、わいわいと言いながらデザインを選び年賀状を印刷する。
今年はそんな風に年賀状メールをお送りしようということで、みんなでデザインを選ぶ、送る気持ちを思い出そうと実施しました。

100名を超える社員、その社員みんなで家族のようにわいわいとデザイン選び皆さまにお送りする。
一人一人が、大事なお客さまに年賀状メールでご挨拶しよう、という気持ち込めて、今年は年賀状をお送りすることができました。
技も大事ですが、心はもっと大事。

フルリモートで働くイー・エージェンシーのちょっとしたイベントづくり
イー・エージェンシーがフルリモートワークになって1年半以上が経ちました。フルリモートの中でも、こういったちょっとしたイベントにより社員のみんなに話題のきっかけを提供できたとも思います。

ということで、もう一度、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

PICK UP

甲斐大樹

ライター

コーポレートデザイン事業本部コミュニケーションデザイン部

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!