Google アナリティクスへ移行するには?よくある3つの疑問と解決法&解決事例

2018年3月15日 | muramatie

最近、既存のアクセス解析ツールからGoogle アナリティクスに移行を検討されるお客様が非常に増えてきています。それというのも、Google アナリティクスが、広告やクラウドプロダクトとの連携、機能の拡張など、デジタルマーケティングのプラットフォームとしてますます充実してきているからにほかなりません。

しかしながら、いざアクセス解析ツールを移行しようとすると、様々な不安要素が疑問として浮かんでくるのではないでしょうか? よくあるのは、たとえば「必要なデータが取得できるかどうか」「既存のシステムと連携できるかどうか」「カスタマイズしたレポートが作成できるかどうか」などです。

アクセス解析ツールの移行でよくある3つの疑問

  • これまで指標にしてきたデータが取得できなくなるのでは?
  • CRMのデータ分析基盤やMAツールと連携できなくなるのでは?
  • 自社のビジネスにあわせてカスタマイズしたレポートが作成できなくなるのでは?

このようなクリティカルな問題も、Google アナリティクスなら解決することができます。そこで、弊社のお客様の事例をまじえながら、Google アナリティクスだからこそできる解決法をご紹介しましょう。

1.「これまで指標にしてきたデータが取得できなくなるのでは?」

Google アナリティクスなら、既存のアクセス解析ツールと同じデータが取得できる

アクセス解析ツールの移行にあたって、まず最初に大きなポイントとなるのが、既存のツールで取得していたデータを、ツール移行後も同じように取得できるかということです。仮に取得できたとしても追加開発が多数必要になるようではコストが大問題となってしまいます。

そんなときGoogle アナリティクスなら、標準で多種多様なレポート機能を持っているため、既存のツールで取得していたデータをほとんどそのまま取得することができます。追加開発を最小限に抑えられるのは大きなアドバンテージと言えるでしょう。

Google アナリティクスへの移行
既存のアクセス解析ツール ⇔ Google アナリティクス

Google アナリティクスへの移行にあたっては、既存のツールとの仕様の違いを把握し、Google アナリティクスの仕様に対応させながらデータ解析基盤を設計していくことになります。

弊社のお客様を例にとると、既存ツールによるデータ解析の設計やレポートの内容についてヒアリング等で把握し、Google アナリティクスによる実現方法について大きく3つに分類しながら要件定義と設計を行っていきます。

Google アナリティクスの標準機能(標準レポート、カスタムレポート)で実現

先に述べたとおり、Google アナリティクスなら、標準で多種多様なレポート機能を持っているため、既存のツールで取得していたデータをほとんどそのまま取得することができます。追加開発を最小限に抑えられるのは、Google アナリティクスの大きなアドバンテージです。

Google アナリティクスのイベント、カスタムディメンション、拡張eコマース機能で実現

顧客属性やコンテンツ属性などサイト固有の変数データについては、「イベント」や「カスタムディメンション」の機能を利用することによって、レポートの分析軸として取り込むことができます。

また、こうした変数データやイベントデータの取得には、Google アナリティクス移行時にセットで導入するGoogle タグマネージャが非常に便利で役立ちます。

データ解析基盤構築の”鉄板”コンビ
Google アナリティクス + Google タグマネージャ

Google BigQueryやGoogle スプレッドシートと連携させて実現

Google アナリティクスのレポート機能だけでは難しい場合も、Google BigQueryやGoogle スプレッドシートと連携させることで実現することができます。

Google アナリティクスで取得したデータをGoogle BigQueryへ取り込むことによってアドホックな分析をしたり、さらに自社のCRMデータを取り込んで統合的な分析をしたり、様々なデータ分析が可能になります。

とくにGoogle アナリティクス 360(有償版の方)には、Google BigQueryへのデータエクスポート機能(BigQuery エクスポート)が限定機能として標準装備されていて効果的です。

Google BigQueryによる統合データ解析基盤の構築事例

 

2.「CRMのデータ解析基盤やMAツールと連携できなくなるのでは?」

Google アナリティクスなら、既存のデータ解析基盤やMAツールと連携できる

アクセス解析ツールの移行にあたって、既存の解析ツールが自社のデータ解析基盤やMAツール等と連携されていることが障壁になる場合もあります。

ある化粧品通販会社様では、既存の解析ツールで取得した行動データを、顧客の属性データや注文データを持つ自社のデータ解析基盤(SAS)に連携・統合し、One to One施策に活用していました。

このような場合も、Google BigQueryを活用すれば解決することができます。このお客様のケースでは、Google アナリティクスとお客様のデータ解析基盤の間にGoogle BigQueryを介在させ、Google アナリティクスの取得データをGoogle BigQueryでお客様のデータ解析基盤に対応したデータに加工して連携・統合することによって同様の環境を実現しています。

また、Google BigQueryへの連携・統合には、先にも述べたGoogle アナリティクス 360(有償版の方)の限定機能であるBigQuery エクスポートを活用しています。BigQuery エクスポートで書き出し可能な集計前のヒットデータ、セッションデータを、BigQueryを介して自社のデータ解析基盤と連携・統合したことで、Google アナリティクス(360)移行後も引き続きOne to One施策を行うための基盤を維持することができています。

既存の自社データ解析基盤との連携事例

 

3.「自社のビジネスにあわせてカスタマイズしたレポートが作成できなくなるのでは?」

Google アナリティクスなら、既存のカスタマイズしたレポートを作成できる

先にも述べたとおり、Google アナリティクスには多種多様なレポート機能があり、標準でも必要十分なレポートを作成することができます。だからこそ、さらにお客様のビジネスにあわせてカスタマイズされたレポートがほしいというリクエストをいただくこともよくあります。

Google アナリティクスなら、そのようなお客様専用にカスタマイズしたレポート作成も可能です。Google アナリティクスの取得データは、Google データスタジオやGoogle スプレッドシートほか多彩なGoogle プロダクトとシームレスに連携・統合できるため、お客様の様々なニーズに対応したレポート環境を構築することができます。

TVモニターに出力するリアルタイム売上ダッシュボードの構築事例

よくいただくリクエストとして、「今日の売上やアクセス状況をリアルタイムに確認できる環境がほしい」というものがあります。この場合、Google アナリティクスの「リアルタイムAPI」「レポーティングAPI」と、Google スプレッドシートあるいはGoogle Cloud Platformのプロダクトを活用することで実現することができます。TVモニターに映し出すレポートのインターフェイスを構築することも可能です。

TVモニターに出力するリアルタイム売上ダッシュボードの構築事例

コンテンツ配信後に速報するレポート基盤の構築事例

また、ある出版社様のケースでは、アプリ上で配信した漫画コンテンツについて、配信後3日間のアクセス数を編集者と作家自身が即座に確認できる環境を構築しました。レポートにはGoogle データスタジオとGoogle スプレッドシートを活用しています。

雑誌でよく見掛ける読者アンケート葉書きをこのレポートで代替することで、漫画コンテンツに対する読者の反応をいち早くキャッチアップできる、データドリブンな編集体制の構築することができました。

コンテンツ配信後に速報するレポート基盤の構築事例

 

既存のアクセス解析ツールからGoogle アナリティクスへの移行にあたって、代表的な事例をいくつかご紹介しましたが、いかがだったでしょうか? Google アナリティクスなら、お客様の多種多様なニーズやリクエストに対応しながら移行できることがご理解いただけたのではないでしょうか?

アクセス解析はただデータを取得することが目的ではなく、どのようにビジネスの改善に役立てていくかということが最も重要なポイントです。イー・エージェンシーでは、Google アナリティクス 360の導入をきっかけに、お客様のビジネスの改善や、データドリブンな意思決定ができる組織づくりを支援しております。Google アナリティクスへの移行や導入をご検討中の方は、どうぞお気軽にご相談ください。

 

▼【関連サービス】Google アナリティクスへの移行なら、お客様の多種多様なニーズに対応可能です。

Google アナリティクス 360 スイート | 正規販売代理店イー・エージェンシー
https://googleanalytics360-suite.e-agency.co.jp/

PICK UP

muramatie

ライター

イー・エージェンシーに入社して早十ウン年。近頃は広報マーケティングチームに所属しています。

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!