記事投稿参考例

タグやid,classの効果と、[]で囲む特殊タグについての説明と実装例を以下に記します。

汎用記述ルール

<h1>

見出し1

<h2>

見出し2

<h3>

見出し3

<h4>

見出し4

<h5>

見出し5

<h6>

見出し6

.small

一回り小さな文字にする。

.bold

太字にする。

.sp05
.sp10
.sp20

spに続く数字分だけ、要素下部にmarginを空ける。

[[space height=”**px”]]

縦の隙間(行間)を開ける。height属性省略時は10px。

.w60

PC閲覧時幅60%
スマートフォン閲覧時幅100%

<div class=”pickup”>

幅173px、float:left
PC閲覧時横に3つ並ぶサイズになる。



ネットフォーラム様


課題解決フォーラムサイト構築

50万PVの高いアクセス数を記録!新・博多駅ビルの商業施設「JR博多シティ」の公式サイト



ネットフォーラム様


課題解決フォーラムサイト構築

50万PVの高いアクセス数を記録!新・博多駅ビルの商業施設「JR博多シティ」の公式サイト



ネットフォーラム様


課題解決フォーラムサイト構築

50万PVの高いアクセス数を記録!新・博多駅ビルの商業施設「JR博多シティ」の公式サイト

.left
.alignleft

float:left

.right
.alignright

float:right

.clearfix

floatをかける要素の親要素に割り当てて、floatをクリアする。

.clear

clearfixを使用しない場合、float要素の直後の要素に割り当てて、floatをクリアする。

.text_r

文字の右寄せ
text-aling:right

hoge

<a>

通常時下線表示、マウスオーバーで装飾解除

hoge

<a class=”nonedeco”>

通常時装飾なし、マウスオーバーで下線表示

hoge

.redarrow

インライン要素に付加して赤矢印マーク付きで文章を書く。

hoge

<ul class=”ulcheck”>

子の<li>要素の装飾がこのようになる。

  • hogehoge
  • hogehoge
  • hogehoge
  • hogehoge

<ul class=”ulrelated clearfix”>

子の<li>要素の装飾がこのようになる。

  • hogehoge
  • hogehoge
  • hogehoge
  • hogehoge

<ul class=”ulcat clearfix”>

子の<li>要素の装飾がこのようになる。

  • hogehoge
  • hogehoge
  • hogehoge
  • hogehoge

[]

区切り線 (横100%)を引く。

[[divline2]]

区切り線 (横100%)を引く。

[divline2]

[[url]]

サイトルートのパス。本番公開時/wp/が取れるのでリンクや画像のルートURLは直接入力せず、これを使ってください。
使用例.
[[url]]/index.html⇒
[url]/index.html

[[template_url]]

テンプレートフォルダの素材を参照する場合はこれを使う。
使用例.
[[template_url]]/image/article/rank01.gif⇒
[template_url]/image/article/rank01.gif

[[formlink href=”**”]サービスに関するお問い合わせ]

お問い合わせの枠とボタンです。href(省略可)はお問い合わせページのURL。
開始タグと閉じタグの間に入力したhtmlが枠内に表示される。

データアナリティクスに関するお問い合わせ

サイトの効果をしっかり計りたい、改善のポイントを見極めたい等、お気軽にお問い合わせください。

サービスに関するお問い合わせ

サービス・商品向け記述ルール

[[carousel]]

トップページと同じ内容(固定ページ「トップ-サービス・商品ピックアップ」)のサービス・商品ピックアップ情報を表示する。

[carousel]

[serviceslist]

サービス・商品トップでは、サービス・商品のトップレベルの
カテゴリー一覧(説明・リンク付き)を表示。
サブカテゴリー以下(データアナリティクス等)では、そのサブカテゴリー配下の
カテゴリー一覧を表示。

[newcases sub=”**”]

閲覧中のサービス・商品とカテゴリー名が一致する成功事例最新3件を表示します。
対象の成功事例には予め「アイキャッチ画像」、カスタムフィールドの「成功事例-お客様名」「成功事例-概要」を登録しておく必要があります。
sub属性は英語タイトル横に表示するサブタイトルです。省略した場合は【「カテゴリ名」最新事例】で表示されます。

成功事例向け記述ルール

[caseslist]

成功事例カテゴリー配下のカテゴリー一覧(リンク付き)
を表示します。

[newcases sub=”**”]

閲覧中の成功事例と同じカテゴリーに属する成功事例最新3件を表示します。
対象の成功事例には予め「アイキャッチ画像」、カスタムフィールドの「成功事例-お客様名」「成功事例-概要」を登録しておく必要があります。
sub属性は英語タイトル横に表示するサブタイトルです。省略した場合は【「カテゴリ名」最新事例】で表示されます。

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!