nginxの変数をログで確認する方法

2020年4月13日 | 広報・PR・イベント運営担当

nginx内で使用する変数をデバッグするため、ログを簡単に確認できるようにしました。
その方法をご紹介します。

 

1. nginx.confファイルの変更

コマンド例:

$ sudo vi /etc/nginx/nginx.conf

httpコンテキスト内の上部に下記の設定を追加します。

nginx.confファイルの設定例:

http {
log_format debug_val_format ‘$remote_addr – $remote_user [$time_local] “$debug_val”‘;

}

serverコンテキスト内に下記の設定を追加します。

nginx.confファイルの設定例:

※「変数名」には表示したい変数名を入れます。

server {

set $debug_val “変数名: $変数名”;
access_log /var/log/nginx/debug_val.log debug_val_format;

}

 

2. nginxのリロード

コマンド例:

$ sudo nginx -s reload

 

3. ログ出力の確認

Webブラウザ等からアクセスして、ログが出力されているか確認します。

確認コマンド例:

$ cd /var/log/nginx
$ tail -f debug_val.log

ログ出力の例:

 

参考:Nginx設定ファイルをデバッグするため、任意の変数をログに出力する方法 – YTsudaのブログ
http://ytsuda.hateblo.jp/entry/2013/06/13/212749

 

いかがでしたか?

イー・エージェンシーでは、AWS(Amazon Web Services)による開発や、データプライバシーコンサルティングCRM / MA支援ツールでお客様のマーケティング課題の解決を支援しております。 詳しくは下記サイトをご覧ください。

データソリューション|イー・エージェンシー
https://datasolution.e-agency.co.jp/

また、Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)など Google マーケティング プラットフォーム(GMP)の各種ツールをはじめ、BigQuery など Google Cloud Platform(GCP)を用いたデータ統合や、広告連携アトリビューション分析などデータ活用全般を支援しております。 詳しくは下記サイトをご覧ください。

Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)など
Google マーケティング プラットフォーム|イー・エージェンシー
https://googleanalytics360-suite.e-agency.co.jp/

PICK UP

広報・PR・イベント運営担当

ライター

おもてなしを科学するイー・エージェンシーでは、クロスデバイス分析によるユーザー単位の分析やオンラインオフラインを横断した分析など次世代の分析をサポート。また分析データを元にしたABテスト支援から、EC領域での購買、行動データを活用したレコメンドシステムなどを提供。 お問い合わせはこちらにどうぞ。

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!