【Firebase】Firebase Startup #3に参加しました

2020年1月19日 | 広報・PR・イベント運営担当

前回に引き続き、2020年1月19日(日)に行われた「Firebase Startup #3」に参加してきました。
今回はチーム参加枠がなかったため、イー・エージェンシーのグループ会社シンプルメーカーから個人での参加になります。

※過去の参加の記事はこちらをご覧ください。
1回目
2回目

Startupというと、最先端の技術をもったエンジニア達の開発による「起業」や「新規事業の立ち上げ」というような言葉が浮かびます。
私個人の話をしますと、その昔、COBOLという言語を使って開発をしていたことはありますが、今は主に解析などの仕事を行っており、開発自体はやっていない状態でした。
もちろんFirebaseは初心者ですし、「Githubって何?」というような恐ろしい有り様です。

「なんか面白そう」という理由だけでうっかり参加してしまい、どう考えても役に立たない「超初心者枠」での参加でしたが、同じチームのみなさんに温かく迎えていただき、なんとか乗り越えることができました。
チームやその他関係者のみなさん、本当にお世話になり、ありがとうございました。

 

Firebase Startup #3の内容

今回のテーマは、「Firebaseを使ってWordPressのようなCMSを開発しよう」でした。
私には全く想像もできませんでしたが、Firebaseでそういうことができるみたいで、すごいですね。

中島さん(Windows 95を設計した日本人として有名な方)によって「firepresso」というたたき台が作られており、それに対してみんなで機能を追加していこう!というのが今回の主な趣旨になります。

テーマが良かったのか、前回と比べて明らかに今回の方が参加人数が多かったです。
チーム編成は、以下の流れで行われました。

①まず、自分が実装したい機能を決める
②その機能をメモ用紙に書いて、各自がホワイトボードに貼る
③②の内容のうち、機能が同じものや近いものをまとめる
④③の中から自分がやりたいものに挙手する

→ チーム編成完了!

この方法だと私のチームは8人になったため、半々に分かれることになりました。

設計と実装

チーム分けが終わると、すぐに設計と実装に入りました。
私が所属していたチームは「コメント機能を追加する」です。
はっきり言って私の出番はアイデアを出すときにしかないので色々と機能を挙げてみましたが、実装できないと意味がないので役に立てず無念でした。

機能としては

・各記事の下部にコメント欄を追加する
・ログインしていないユーザーにもコメント入力を可能とする
・コメントが記事と同時に読めるようにする

というシンプルなものなのですが、データ構造をどうするのか、どこに何を記載したら良いのかなど、考えることや検証することがたくさんあり、とても難しそうでした。
(一緒に悩めなくて本当にすみませんでした。)

設計と実装の時間も1時間ちょっとしかなかったので、完了したチームはなかったと思います。
(思い違いでしたらごめんなさい。)
もう少し実装の時間があっても良いのになと感じました。

 

参加した感想

私自身はエンジニアではないため、周りの方の話を聞くだけだったのですが、それだけでも十分有意義に過ごすことができました。

・Firebaseのデータ構造は難しい
・リレーショナルDBの考え方だと「?」となることが多い
・データ構造は階層が深くなるほど大変になる

→ だから、最初のデータ設計がとても大切

というお話を繰り返し聞いたので、Firebaseで開発をされる方は、おそらくこのあたりでつまずくことが多いのではないかと思います。

設計と実装の時間では、エンジニア同士で「ここでこれがとれないんですけど、どうしたら良いですか?」とか、「こうしたいんだけど何か良い方法を知っていますか?」というようなお話が飛び交っていてとても活気があり、お話を聞いているだけで勉強になりました。
同じチームには「いつもは一人で開発しているので、知識をつけにきました」という方もいらっしゃったので、同じような悩みを持っている方はぜひ参加してみることをおすすめします。

私が見たところ、みなさん初対面だったようなので、「誰とも話せなくて一人で寂しかったらどうしよう」などと心配しなくても大丈夫です。
ただし、私のような超初心者はいなかったので(当前ですが)、参加されるなら多少の知識は必要かと思います。
さすがに反省しました。

次回は2/29(土)の予定だそうです。
私もFirebaseで開発ができるようになったら再チャレンジしたいと思います。
一緒に参加したみなさん、たいへんお世話になり、ありがとうございました!

 

いかがでしたか?

イー・エージェンシーでは、Google アナリティクス 360 やサポートをご契約のお客様を対象に、Google アナリティクス for Firebase の導入支援を行っております。

また、アプリとWebのクロスプラットフォーム分析ができるGoogle アナリティクス 4 プロパティ(GA4)の導入支援も行っております。

まずは下記よりお気軽にお問い合わせください。

Google アナリティクス for Firebase ・Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4) の導入に関するお問い合わせはこちら

PICK UP

広報・PR・イベント運営担当

ライター

おもてなしを科学するイー・エージェンシーでは、クロスデバイス分析によるユーザー単位の分析やオンラインオフラインを横断した分析など次世代の分析をサポート。また分析データを元にしたABテスト支援から、EC領域での購買、行動データを活用したレコメンドシステムなどを提供。 お問い合わせはこちらにどうぞ。

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!