【AWS】AWS Certificate ManagerでSSL証明書を発行する方法

2019年11月22日 | 広報・PR・イベント運営担当

AWS(Amazon Web Services)で、HTTPS通信のためのSSL証明書を発行する方法をご紹介します。
(ドメイン取得済みの状態から開始しています。)

 

1. AWSマネジメントコンソールから「Certificate Manager」を選択します。

 

2. 証明書のプロビジョニングの「今すぐ始める」ボタンをクリックします。

 

3.証明書のリクエスト」画面で「パブリック証明書のリクエスト」を選択して、「証明書のリクエスト」ボタンをクリックします。

 

4.「ドメイン名の追加」画面で「ドメイン名」にSSL証明書を発行したいドメイン名を入力して、「次へ」ボタンをクリックします。

ドメイン名を追加したい場合は「この証明書に別の名前を追加」ボタンをクリックします。
ドメイン名にはワイルドカード(*)が指定できます。

ワイルドカードを指定した場合、たとえば、「*.example.com」は、「www.example.com」や「images.example.com」を保護します。
また、「*.example.com」で取得した証明書は、サブドメインの付かない「example.com」では利用できないので注意が必要です。

ACM 証明書の特性|AWS Certificate Manager
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/acm/latest/userguide/acm-certificate.html

 

5.「検証方法の選択」画面で「DNSで検証」を選択して、「次へ」ボタンをクリックします。

「DNSの検証」では、CNAME レコードを追加します。

「Eメールの検証」では、Amazonから届くEメール内のAmazon証明書承認ウェブサイトへ遷移して、「I Approve」ボタンをクリックします。
「Eメールの検証」を選択した場合、Eメールの送信先はwhoisに登録されているメールアドレス

  • ドメインの登録者
  • テクニカル担当者
  • 管理者の連絡先

および

  • administrator@ドメイン名
  • hostmaster@ドメイン名
  • postmaster@ドメイン名
  • webmaster@ドメイン名
  • admin@ドメイン名

です。

今回は「DNSの検証」を選択して、証明書を発行します。

AWS Certificate Manager とは何ですか?|AWS Certificate Manager
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/acm/latest/userguide/gs-acm-validate-email.html

 

6.「タグを追加」画面でタグを追加して、「確認」ボタンをクリックします。

 

7.「確認」画面でドメイン名と検証方法を確認して、「確定とリクエスト」ボタンをクリックします。

 

8.「検証」画面でドメイン名を選択して、「Route53でのレコードの作成」ボタンをクリックします。

 

9.「Route53でのレコードの作成」画面で「作成」ボタンをクリックします。

 

10.「検証」画面で「成功」というメッセージが表示されていることを確認します。

 

11. CertificateManagerのトップ画面で「状況」の表示を確認します。


12.「状況」が「発行済み」に変わると利用できるようになります。

「状況」が「発行済み」に変わるまで10分程度でした。

 

いかがでしたか?

イー・エージェンシーでは、AWS(Amazon Web Services)による開発や、データプライバシーコンサルティングCRM / MA支援ツールでお客様のマーケティング課題の解決を支援しております。 詳しくは下記サイトをご覧ください。

データソリューション|イー・エージェンシー
https://datasolution.e-agency.co.jp/

また、Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)など Google マーケティング プラットフォーム(GMP)の各種ツールをはじめ、BigQuery など Google Cloud Platform(GCP)を用いたデータ統合や、広告連携アトリビューション分析などデータ活用全般を支援しております。 詳しくは下記サイトをご覧ください。

Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)など
Google マーケティング プラットフォーム|イー・エージェンシー
https://googleanalytics360-suite.e-agency.co.jp/

PICK UP

広報・PR・イベント運営担当

ライター

おもてなしを科学するイー・エージェンシーでは、クロスデバイス分析によるユーザー単位の分析やオンラインオフラインを横断した分析など次世代の分析をサポート。また分析データを元にしたABテスト支援から、EC領域での購買、行動データを活用したレコメンドシステムなどを提供。 お問い合わせはこちらにどうぞ。

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!