2025年ASEANマーケットの市場規模予測

イー・エージェンシーは中国で既に企業向けEC支援の実績があり、2011年より主要プラットフォーム運用支援を開始し、支援している国内ブランドの中には毎年平均150%~200%以上の伸びをみせるものもあります。これからもASEAN市場は目が離せない市場であり、越境ECに関しても法整備が進み、これからもっと盛り上がりを見せることは間違いないでしょう。
では、3年後、5年後、10年後のASEANのEC市場はどうなっているのでしょうか?それでは、ASEANマーケットの市場動向をみてまいりましょう。

2025年ASEANマーケットの市場規模予測

2018年に全体の40%ほどを占めるとされているインドネシアのEC市場の成長は特に著しく、次いで、タイの市場拡大が予測されています。
東南アジアの電子商取引額2025年推測データと2015年の電子商取引実績データです。

ASEAN電子商取引推測データ

参考元データ:Googleとシンガポール国営投資会社テマセク・ホールディングスによるリサーチ『e-conomy SEA』

ASEAN EC市場の成長率

インドネシアを始めとするマレーシア、タイ、シンガポール市場は、平均成長率(CAGR)17.7%で成長しています。

フロスト&サリバンの新たなリサーチ分析「東南アジアのEC市場分析」によると、東南アジアにおけるECの市場規模は、2015年から2020年にかけて年平均成長率(CAGR)17.7%で成長し、同市場規模は2015年の112億米ドルから2020年までに252億米ドルに成長する見通しとなっています。本分析ではB2CのEC市場を対象とし、東南アジアの6ヵ国(インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)が含まれます。

まだまだインフラの整備などが進んでいないイメージのASEANですが、アリババグループのLAZADA買収など国外からの投資も進み、これから3年、もしかすると1年後には大きく状況が変わっている可能性があります。

イー・エージェンシーは中国拠点に続いて、すでに2012年よりシンガポール、インドネシア(ジャカルタ)を拠点とするグループ会社EASG PTE. LTD を有しており、2016年からマレーシア、タイを本拠とするI-COMM AVENUグループと資本・業務提携し、ASEANにおける顧客企業のEC事業支援を推進して参ります。既にインドネシアでは弊社独自開発のECクラウドプラットフォーム「ECCS」を使い、EC支援サービスを開始しております。

引用元:東南アジアのEC市場が2020年に向けて成長の見通し

中国EC・越境EC支援サービス
資料請求・お問い合わせはこちら

資料請求・お問い合わせ

ASEAN EC・越境EC支援サービス
資料請求・お問い合わせはこちら

資料請求・お問い合わせ

中国・ASEAN・越境EC支援サービス 資料ダウンロード

中国・ASEAN・越境ECに関するお役立ち情報満載の資料です。是非ご覧ください。
入力フォームにご入力後資料がダウンロードできます。

中国EC・ASEANEC・越境EC 
関連情報

中国EC・越境EC支援サービス
資料請求・お問い合わせはこちら

資料請求・お問い合わせ

ASEAN EC・越境EC支援サービス
資料請求・お問い合わせはこちら

資料請求・お問い合わせ

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!