5月以降モバイル非対応ページの検索順位が引き下がる!Googleブログが公式発表

2016年3月18日 | 森下 奈緒

Googleがモバイルフレンドリーアルゴリズムの強化を発表

Googleは、2016年3月17日にGoogleウェブマスター向け公式ブログ記事で、
この5月から、モバイルフレンドリー非対応ページを検索結果から引き下げるアルゴリズムを展開する旨を公式発表しました。

出典:ウェブをさらにモバイル フレンドリーにするための取り組み

これは、2015年4月21日にローンチした、モバイルフレンドリー・アルゴリズム変更の影響を強化するもので、このアップデートにより、モバイルでも見やすいページが検索結果でさらに多く表示されるようになります。

Googleでは昨年より、サイトがモバイルフレンドリーかどうかをモバイル検索でのランキング要素の一つとして使用し始めました。この 5 月からは、当該ランキング要素の効果を高めるアルゴリズムのアップデートを段階的におこなっていきます。このアップデートにより、モバイルでも見やすいページが検索結果でさらに多く表示されるようになります。

非モバイル対応サイトは急いで対応を

”モバイル フレンドリーではなくてもページのコンテンツの質が高ければ、関連性の高い優れたコンテンツとして今後もランキングされることがある”と記載されているため、全てのモバイルフレンドリー非対応ページに影響するわけではなさそうです。

しかしながら、このモバイルフレンドリー対応に関する取り組みは、”5月から段階的におこなっていく”という記載があるため1回限りのアップデートという訳ではなく今後継続的に行われるようです。

いずれにせよ、まだモバイル対応を済ませていないウェブサイトは検索順位で非常に不利になっていくことになりますので、早めにモバイルフレンドリー対応をすべきでしょう。

今すぐモバイルフレンドリー対応サイトを作るには?

スマホサイト変換・作成ツール shuttoを使えば、手持ちのPCページをもとに管理画面から要素をドラッグ&ドロップすることで、簡単なページであれば今すぐモバイルフレンドリーページを作成し公開することができます。

multidevice_img_feature_s1

shuttoの特長

  • ドラッグ&ドロップと高機能エディタで、PCサイトをカンタンにスマートフォン・タブレットサイトへ変換・作成できる
  • 通常のスマホ対応方法と比較し、作業工数を大幅に削減できる
  • Googleモバイルフレンドリーに対応しているため、SEO対策も万全
  • HTMLとCSSの知識があれば、更に細やかなカスタマイズを行い、見た目の美しいサイトを作成することが可能
  • ページ数は無制限。他社ツールに比べて低価格で高機能
  • SSLに対応。面倒な設定の手間は不要
  • タブレットサイト対応も可能
  • 過去導入実績12,500件を突破
  • 大規模サイト、ECサイト、コーポレートサイトまで幅広い導入実績保有

今すぐモバイルフレンドリー対応サイトを作成する

森下 奈緒

ライター

2010年株式会社イー・エージェンシーにWEBディレクターとして入社。2015年から自社プロダクト開発・サポートに従事し、現在はスマホ変換ツール shuttoの責任者をしています。

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

関連記事

    None Found

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!