マイクロコンバージョン改善

2012年6月18日 | 広報・PR・イベント運営担当

少ない投資で、確実な効果を得る!

「マイクロコンバージョン」、聞きなれない言葉だと思いますが、“マイクロ”という言葉が意味するように、“小さなコンバージョン”を獲得していくことで、最終的な目的であるメインコンバージョンを増やして最大化していくという改善サービスです。

まずはコンバージョンを分解してから課題を発見する

コンバージョンにいたるまでのプロセスを見直す、そしてそのプロセス毎に目標となる指標を設ける、小さなコンバージョンを作り、目標をもって改善を進める。これがマイクロコンバージョン改善の基本的な進め方です。下記の図はCVR1%のECサイトをマイクロコンバージョン改善していくプロセスの一例をご紹介いたします。

現状把握するために、サイト上のユーザーの一連の動きを複数のプロセスに分けましょう。

このようにコンバージョンするまでのユーザーの行動を分解することで、プロセスを数値化できます。

ここでまず確認すべきことは、異常値の発見です。世の中の平均値と比べることではありません。 極端に悪い数値、極端に離脱が多い箇所はありませんか? まずはそれらを発見して、改善策を考えるところから始まります。

たとえば、フォーム到達者が入力を完了する率が10%です。ここを15%にするという目標を掲げると、実現すれば完了数は15。つまりCVRは1.5%になります。 

1箇所の施策を実施するだけで、完了数を増やすことが出来、全体CVRも1.5%に向上させることができます。

効果が少ないから、サイトをフルリニューアルするとか、デザインを変更しようと考えるのではなく、どこに問題があるのか、また、どこに異常値があるのかを発見し、今あるコンテンツを活かしつつ改善する。少ない投資でWEBの効果を体験してください。

●弊社の考えるマイクロコンバージョン改善ソリューションメニュー

 

よく利用されるシーン

●アクションフォームの改善
購入を目的とするECサイトだけでなく、資料請求を目標とするサイト全体で抱える課題がこの「入力フォーム」です。この入力フォームを改善するだけで、CVRが数%上下します。一番効果を出しやすいのがこの入力フォーム改善です。
 
●ボタン、ラベルの変更
「購入する」「無料資料請求する」など色々なラベルがついたボタンがあります。これも少しの改善をするだけで、CVRが数%上下します。今すぐ出来る小さな改善、始めてみませんか?
 

マイクロコンバージョン改善で取り組むこと

  1.  アクセスログ解析
  2. WEB KPI設定
  3.  LPO改善プラン
  4. アイトラッキング分析
  5. ユーザビリティテスト
  6. サイト内導線強化
  7. アクションフォーム改善
  8.  フォローメールマーケティング支援

PICK UP

ライター

おもてなしを科学するイー・エージェンシーでは、クロスデバイス分析によるユーザー単位の分析やオンラインオフラインを横断した分析など次世代の分析をサポート。また分析データを元にしたABテスト支援から、EC領域での購買、行動データを活用したレコメンドシステムなどを提供。 お問い合わせはこちらにどうぞ。

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!