分析の達人 小川卓氏・野口竜司氏、MarkeZine押久保編集長が登壇 Googleアナリティクス本出版記念!【売上に貢献するデータ分析 特別セミナー/参加無料】

2015年6月8日 | 広報・PR・イベント運営担当

ウェブ担当者の皆さん、Googleアナリティクスを理解して使えていますか? 6月12日(金)、データ分析のプロフェッショナルである小川卓さんと野口竜司さんによる『達人に学ぶGoogleアナリティクス実践講座』が翔泳社から刊行されます。「なんとなく使っている」方には一歩も二歩も進んだ使い方ができるようになる本です。

出版を記念してGoogle アナリティクスの達人2人にGoogle アナリティクス特別セミナーを開催していただきます。

達人に学ぶGoogleアナリティクス実践講座 売上に貢献するデータ分析がわかる7つのレッスン

達人に学ぶGoogleアナリティクス実践講座 売上に貢献するデータ分析がわかる7つのレッスン

セミナータイトル

分析の達人 小川卓氏・野口竜司氏、MarkeZine押久保編集長が登壇
Googleアナリティクス本出版記念!【売上に貢献するデータ分析 特別セミナー/参加無料】

講演内容

・Googleアナリティクスの特徴(あらためて)
・Googleアナリティクスの新機能
・ユニバーサルアナリティクスでできること
・プレミアム版でできること
・相談すると吉、外部コンサルティングの活用法

第一部:改善を実現するためのアクセス解析思考&分析法 小川
 ・アクセス解析思考法を学ぶ
 ・Googleアナリティクスを活用した分析&改善事例
 ・改善提案を出せるウェブアナリストになるためには

第二部:進化を続けるGoogleアナリティクス徹底解説 野口
 ・Googleアナリティクスの新機能
 ・ユニバーサルアナリティクスでできること
 ・プレミアム版でできること

第三部:最前線に立つスゴ腕アナリストたちが本音で語る!Happy Analyticsトークセッション
パネラー:小川卓氏、野口竜司氏
司会:MarkeZine編集部 編集長 押久保剛氏
※スペシャルゲストも予定!現在登壇交渉中です。

◎スペシャルトーク
ゲスト:清水誠  司会:押久保)30分
・本書制作のきっかけ、思い
・サイト改善やコンサルティングでのあるある話
・Happy Analytics を実現する上での課題
・アナリストおよびアナリティクスの未来

◎達人への質問タイム15分
アクセス解析の達人達に質問をどうぞ!

セミナー日時

6月30日 セミナー講演時間は14:30~16:45分

14:00会場

セミナー参加費用・人数

セミナー参加費は、無料です。
参加人数は、70名です。
※参加者多数の場合は、抽選にさせていただきます。

セミナー開催場所

住所
東京都千代田区有楽町1-9-4 蚕糸会館6F アクセス
JR線 有楽町駅 … 日比谷口より徒歩2分
地下鉄有楽町線 有楽町駅 … B1出口より徒歩1分
地下鉄日比谷⁄都営三田線 日比谷駅 … B1出口より徒歩1分

講師・司会プロフィール

小川 卓 小川 卓
ウェブアナリストとしてマイクロソフト・ウェブマネー・リクルート・サイバーエージェント・アマゾンジャパンなど で勤務。解析ツールの導入・運用・教育、ゴール&KPI設計、施策の実施と評価、PDCAをまわすための取り組みなどを担当。個人として、ブログ「R e a lAnalytics」を2008年より運営。全国各地で講演を年間40回以上実施。主な著書に「ウェブ分析論:増補改訂版」「ウェブ分析レポーティング講座」「漫画でわかるウェブ分析」「Webサイト分析・改善の教科書」など。アクセス解析イニシアチブ プログラム委員・Adobe Analyticsユーザー会「eVar7」代表・デジタルハリウッド大学大学院准教授・株式会社UNCOVER TRUTH CAO (Chief Analytics Officer)

野口竜二 野口竜司
株式会社イー・エージェンシー 取締役。座右の銘は「仮説は実証してはじめて真実になる」。ECサイト、メディアサイト、BtoCサイトのコンバージョン”カイゼン”サービスを提供しています。最新鋭のABテストツールの活用支援やEC分析を加速させるGoogleアナリティクス プレミアムの導入支援にも力を入れています。 著書に、第一回JADMA賞を受賞した『Live! ECサイトカイゼン講座』(翔泳社)、『Live!アクセス解析&ウェブ改善実践講座』(共著・翔泳社)、『Live!ウェブマーケティング基礎講座』(共著・翔泳社)、『ネットショップでリピーター(優良個客)を育成する77の方法』(秀和システム)など、8冊を執筆しています。 清水 誠 清水 誠
電通レイザーフィッシュ、株式会社イードのCAO(Chief Analytics Officer)などを務める。凸版印刷や外資Webエージェンシー(Scient, Sapient, Razorfish)にて情報アーキテクチャの分野を開拓しつつ大手企業へのWebコンサルティングを提供。ウェブクルーでは開発・運用プロセスの改善、日本アムウェイでは印刷物のデジタル化とCMS導入、楽天ではアクセス解析の全社展開、GILT GroupeではKPIの再定義とCRMをリード。2011年9月に渡米、米国ユタ州にてデジタルマーケティング製品の品質・プロセス改善に取り組む傍ら、執筆や帰国時のセミナー活動も続けている。 押久保 剛 押久保 剛
メディア編集第2部 部長 兼 MarkeZine編集部 編集長 1978年生まれ。立教大学社会学部社会学科を卒業後、2002年に翔泳社へ入社。広告営業、書籍編集・制作を経て、『MarkeZine(マーケジン)』の立ち上げに参画。2006年5月のサイトスタート以降、MarkeZineの企画・運営を一貫して担当。2011年4月にMarkeZine編集長、2015年4月からはマーケティング/EC/ビジネス領域のメディアを管轄するメディア編集第2部 部長に就任。MarkeZine編集長を務めつつ他メディアのグロースを支援する。また、自社書籍の販促支援を目的とし2015年4月に新設されたマーケティング広報課の課長も兼任している。

当セミナー申し込みは終了いたしました。
多くの参加申込みをいただき、誠にありがとうございました。

ライター

おもてなしを科学するイー・エージェンシーでは、クロスデバイス分析によるユーザー単位の分析やオンラインオフラインを横断した分析など次世代の分析をサポート。また分析データを元にしたABテスト支援から、EC領域での購買、行動データを活用したレコメンドシステムなどを提供。 お問い合わせはこちらにどうぞ。

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

関連記事

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!