データアナリストの中途採用募集要項&社員の声

2015年2月13日 | yoich




データマーケティングを担当する部署では、Google アナリティクス プレミアムの導入から提案・運用サポートの他、セミナー開催・教育支援など、様々な活用支援を行っています。今回は、それぞれの分野で活躍するスタッフに話を聞きました。

大藪祐一(提案・活用支援)

Works

山下和恵(教育支援)

Works

霜越岳(導入サポート)

Works

仕事内容とやりがいを教えて下さい

大藪

Google アナリティクス プレミアム上でデータが正確に取れていたとしても、
考察ができなければ、有効にそのデータを活用することは出来ません。
e-Agencyでは、私たち専門家がお客様サイトの顧客属性・構造・施策データ等を分析し課題発見や
効果的なデータ収集の方法をご提案させて頂いています。
それによってウェブサイトの価値を最大限に高め、結果収益UPへ貢献できるのが魅力です。

山下

私は、Google アナリティクス プレミアムの使い方をトレーニングする教育支援を主に行っています。
データ活用は、やはりお客様自身で行えることが理想なので、一緒に現状のウェブサイトの問題点や課題を洗い出し、利益最大化をサポートできるような働きかけを心掛けています。
そういった支援の中で、トレーニング終了後に拍手を頂き「ありがとう」と言って頂けることは、他の業務ではなかなか経験できない仕事へのやりがいに繋がる事のひとつです。

霜越

ウェブメディアではユーザーの行動を可視化することで、より良いコンテンツを提供できるようになります。そのために欲しいデータを正確に抽出するには、設定を正しく行う必要があります。
弊社側でトラッキングコードの設置やデータ収集・データクレンジングなどに必要なプログラムを書いたりと、導入面からもサポートできる体制にあるのがe-Agencyの強みだと思っています。
大規模なアクセス数のウェブサイトを解析できることはとても面白いですよ。

どんな人がこの仕事に向いていますか?

大藪

好奇心や探究心のあることが一番大切です!ウェブに関わる仕事なので、ウェブが好きな人でないとこの仕事は辛いと感じる部分があるかもしれません。
「なんだなんだ?これ面白そう!」と気付いたことを深掘りし、更に行動に移せる人が望ましいです。
ウェブ業界のトレンドは目まぐるしく変化していきます。それをオモシロイと感じられる柔軟性とある種のフットワークの軽さがあれば、この仕事を楽しめると思います。

山下

この仕事は、お客様と接する機会が多いのでコミュニケーションの得意な人が活躍しやすいです。簡単なコーディングやシステム開発の知識、またはそれらに携わった経験があれば、

霜越

ウェブ業界では、新しい技術や言語がどんどん出てきます。
そういった新しい知識やトレンドを嫌厭せずに、どんどん吸収できる人がこの仕事に向いていると思います。

どんな経歴ですか?

大藪

データの解析といえば、理系をイメージする方も多いかもしれませんが、
実は大学は文学部で、ウェブとは無縁の学部でした。
ただ、ウェブへの興味はあったのでサークルのホームページをいじるなどして、広く浅くですがウェブ制作についての理解はあったのではと思います。
その後、ウェブの運用更新などの業務に携わるうえで、縁あってe-Agencyに入社しました。

山下

前職のウェブ制作会社で、デザイン・コーディングからディレクションまでを一通り経験しました。
これまでとは違う視点で仕事がしたくなったので、e-Agencyに入社し、前職での経験を活かしつつ海外(上海)で働くことにしました。
帰国後はデータ活用支援を担当する部署で、データとにらめっこしつつ日々奮闘しています。

霜越

大学卒業後、e-Agencyへは新卒として入社しました。
e-Agencyは新卒用に外部で受けるプログラム研修があるので、それと
社内のOJTに参加し、html・css・JavaScript・PHP・Javaなどを学びました。
今も学ぶことばかりですが、現在は導入のサポートや一お客様を担当させて頂けるほどになりました。

そういえば皆さんなんでe-Agencyに来たの?

大藪

元々はインフォメーションアーキテクトの業務を志望してe-Agencyに入社しました。インフォメーションアーキテクトというスペシャリストが在籍する企業は当時では珍しかったので先端的なことに取り組んでいる企業だなと。その業務の一環としてアクセス解析による定量調査を行っていたのですが、アドテクノロジーを包含したデータ領域のテクノロジーが飛躍的に進歩し、データ活用に従事するようになり、今に至ります。そういった意味では新しい領域に挑んでいくというe-Agencyの姿勢は昔から変わっていないのかもしれませんね。

山下

e-Agencyはウェブマスターが必要とする『サイト制作→ツール導入→アクセスなどの解析・分析→サイト改善』といったプロセスでのスペシャリストがいる会社です。
何かあっても、社内の人に相談できるという環境が凄いと思いました。上層部との風通しも良いので仲間たちと一緒に働いていて、とても楽しく仕事ができる環境です。

霜越

就活時、マイナビで見つけて応募しました。
志望する決定打となったのは、社長の人柄です。やりたいことを積極的にやらせてくれる社風と、社長の仰った『「おもてなしを科学する」という企業理念には、テクノロジーを古来から日本人が持っている他人への配慮や気遣い、心配りといったものに役立て活用したい』という想いに共感し、入社を決めました。

こんな人に来てほしい!

  • Google アナリティクスが大好きな人
  • 大規模サイトのデータ解析をやりたい人
  • 論理的に物事を考えるのが好きな人

データアナリスト募集要項

仕事内容
データアナリストのWebアクセス解析業務をサポートして頂きます。
Google社が提供する「Google アナリティクス プレミアム」を活用して、お客様のデータ活用を支援しています。
アクセス解析ツールや広告効果測定ツールのセッティングによる分析基盤の構築や、データから課題を抽出する解析レポーティングを行う業務のサポートを行って頂きます。

求めるスキルや要望など
・Webディレクション業務の経験 (1年~)
・Webサイト制作の経験
・アクセス解析業務の理解・関心
・Google アナリティクスを使ったことがある
・顧客対応のマナー・心得

あると望ましいスキルや実績
・報告書作成
・Javascriptの基本知識
・ECサイトなどのシステム構築経験
・インターネット広告(モバイル・アプリ・SEM全般)運用の経験

キャリアイメージ
元デザイナやコーダーからのキャリアアップ等も歓迎。
制作会社等で勤務していて、より大きなお客様と仕事がしたい、あるいは、データマーケティングの知識をつけたいと思っている人材。

勤務条件
勤務時間 9:30~18:30
完全週休 2日制(土・日)、祝日

給与
350万~

勤務先
東京

採用の流れ
応募 → 書類選考 → 一次面接(担当部門長) → 二次面接(役員) → 最終面接(社長)

採用情報へ戻る

ライター

ハイパーメディアクリエイター

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

関連記事

    None Found

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!