Tealiumが牽引するデジタルマーケティング最新事例紹介セミナー

2015年5月26日 | 小山ひかり

2015年5月13日、弊社セミナールーム(東京都千代田区蚕糸会館)にて、日本で初セミナーとなるTEALIUM社のSteve Pardue氏を迎えて、『Googleアナリティクスプレミアム・Optimizely・Tealiumが牽引するデジタルマーケティング最新事例紹介セミナー』を開催しました。

今回はその3つの公演の中からTEALIUM社のSteve Pardue氏による、インフルエンスDMP “Tealium”の紹介とその最新事例を、みなさまにお届けしたいと思います。

IMG_3901_R

セミナー内容

第一部

Google アナリティクスプレミアムの最新動向・活用事例

Google アナリティクスプレミアム概要、最新事例紹介

第二部

世界No.1シェアのA/Bテストツール Optimizely紹介および海外最新事例

Optimizely概要、最新事例紹介

第三部

海外では定着を見せるインフルエンスDMP  Tealiumの紹介

Tealium概要、最新事例紹介

IMG_3898_R

第一部でGoogle アナリティクスプレミアムについて講演した弊社の野口

IMG_3900_R

第二部でA/Bテストツール Optimizelyについて講演した、Optimizely社のNick Benavides氏

Tealium社の会社紹介

会社概要

2008年に設立、本社は米国カリフォルニア州サンディエゴ市、その他、イギリス、ドイツ、フランス、オーストラリア、シンガポール、日本にオフィスを構える。

従業員は約200名(2015年2月現在)、

2014年に発売されたサンディエゴ ビジネス ジャーナルで「サンディエゴで最も働きやすい会社」、更にフォーブス誌で「アメリカで有望な会社の1つ」に選ばれる。

事業・製品

・タグマネージメント事業

・DataCloud事業

Steve Pardue氏の紹介

VP & Managing Director, Asia Pacific Japan。スティーブはTealiumのアジアパシフィック・日本を担当するバイスプレジデント(副社長)&事業責任者として当該地域のマーケティング戦略を担当しています。彼には30年を超えるSaaS・クラウドベースのB2B・B2C事業者向けのサービス開発やマーケティングの実績があります。Tealiumに参画する前には、リアルタイムアクセス解析のパイオニアであるWebSideStoryで上級副社長を務め、会社の財務管理だけでなく金融業界・アジアパシフィック地域におけるサービスの普及に尽力した経験があります。

IMG_3907_R

Tealium社のSteve Pardue氏(右)

 

【講演内容】

データ活用の現状

いくつかの企業のデータ活用担当者に現在のデータ活用度合いをたずねたところ、その平均点は10点満点中4.6点となりました。

無題_R

ではなぜ、データ活用が難しいのでしょうか。

それは、データをコントロールするのが難しいことが原因です。マーケティングに関わるツールやベンダーが非常に多岐にわたるので、データが分断・分散してしまっており、かつそのデータを統合する環境が整っていないため、多くの企業でデータ活用が進んでいないのが現状です。

無題2_R

例をあげますと、Google アナリティクスとAdobe アナリティクスを併用して、同じようなダッシュボードを作っても、データの定義が違うために、違う意味をもったものになってしまいます。

また、社外のベンダーにデータを送っている場合、社内でデータを活用するためにはデータをリクエストすることになりますが、多くの場合それができない状況にあります。

これらの現状があるため、データを集約し、活用することが難しくなっています。

Tealiumの特徴

現在、市場には2000を超えるマーケティングベンダーが存在するといわれていますが、重要となるのが、自社にあったサービスを選択することです。様々なツールから得たデータを統合する環境を提供するTealiumを使うと、その企業にあったツール選定を容易に行なうことができ、そして企業にあったツールのみが統合された、マーケティングクラウドを作ることができます。

また、タグマネジメントツールであるTealiumを使うと、実装に時間のかかるタグ実装作業を削減し、混乱したマーケティングの現状を整理し、迅速なマーケティング施策の実施ができるようになります。

無題3_R

今後のマーケティング

これから、インターネット オブ シングス(IOT)の技術がますます発達していき、インターネットというものが、大気の様に当たり前にあるものとなっていきます。それにより、データの量も膨大なものとなるでしょう。そしてリアルタイムでデータを提供するデータサプライチェーンが必要になってきており、リアルタイムにデータを連携し活用したい、というニーズが出てきました。

デジタルマーケティングとは、今後サイトを超えて物理的な世界に影響を持ち、それと同時にその世界で発生しているデータを、デジタルに取り組むことが必要になります。顧客がどこにいても、どんな状況でも個別のコミュニケーションをとれることが、求められるようになるのです。

データが分断される、という課題の原因としては、それぞれのツール毎に独立してデータや分析結果を出している事があげられます。それにより、ユーザーを”一人”として認識することができず、一貫したマーケティング施策を打つことができなくなってしまいます。

Tealiumのミッションとしては、データの取得や統合にかかる、時間等のコストを減らし、リアルタイムにデータを連携、活用できる環境を提供することでデータ活用を促進することです。データを統合し、俯瞰して見ることができるようになると、ユーザーを一人の人としてとらえ、効果的なマーケティング施策ができるようになるのです。

【事例紹介】コンバージョン率を5%→60%

会社名

アンセストリー・ドットコム社(アメリカ)

サービス概要

世界最大規模で家系図を作成するサービスを提供している

実績

Tealiumを導入し、リアルタイムデータを実際にアクションにつながるデータを活用できる環境を整備しました。

Tealiumを導入する前は、24時間から48時間かけてデータが統合されるのを待ってから、やっとのことでリターゲティングに活用するといった、リアルタイムとは程遠いマーケティング活動を行っていました。その結果、リターゲティングにより戻って来たユーザーのコンバージョン率は5%にとどまっていました。

しかしTealiumを活用することで、リアルタイムでデータをリターゲティングに活用することが可能となり、カート放棄をしたユーザーにリルタイムでメッセージを出すことができるようになりました。

他にもEメールやディスプレイ広告によるリターでティング施策を行った結果、5%であった再訪問したユーザーのコンバージョン率は、なんと、その12倍の60%にまで到達しました。

最後に

イー・エージェンシーは日本初のTealium公式代理店になりました!是非、Tealiumに興味のある方はイー・エージェンシーに連絡下さい。

500社以上のグローバル企業に提供されている「Tealium」について、もっと詳しく知りたい方はこちらへ

小山ひかり

ライター

大学卒業後、株式会社e-Agencyに勤務。 現在、Google アナリティクスならびにGoogle アナリティクスプレミアムを使った 解析設計の支援と、トレーニングの講師を行っています。

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

関連記事

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!