シンガポールのグループ会社EASGのジャカルタ拠点にいってきました!

2017年3月17日 | 天野 利哉

ASEANのEC進出支援の打ち合わせ目的でインドネシアにあるジャカルタに行ってきました。

ジャカルタ空港からタクシー

まず空港についてタクシーに乗ろうとしました。現地の方に聞くと普通のタクシーはまだ信頼度がそんなに高くないとのことで、シルバーバードというタクシーサービスにつかうことにしました。シルバードから配送されたタクシーはなんとベンツ!

それでも市内まで2500円くらいだったので安心して乗れるならこれくらい出してもいいですよね。

僕は今まで中国のEC支援をしてきたのですが、これからのインドネシアがすごいです!

2025年のインドネシアの電子商取引の規模予測

アジア各国の電子商取引の規模は、2015年の55億米ドルから2025年に878億米ドルになると予想されています。

なかでもインドネシアが突出しています。そのうちの大部分である460億米ドルがインドネシアの電子商取引のものだと言われています。

引用元:e-conomy SEA by Google and Temasek


この10年でインフラが整いECが伸びてくるという予想されています。まだまだインフラが整っていないイメージのインドネシアですが、確かに物流の面ではクリアしなければならない課題も多いのです。

 

見てください、この宅配サービスBOX。中国では見たことありましたが、インドネシアでも使用されているんですね。家に不在のときは宅配員さんがこのBOXに商品を入れておいてくれるので、仕事帰りなどに受け取ればOK! こういう部分は逆に便利。日本でも普及してほしいです。


今回は現地法人のNatyaさんが、購入した商品に不具合があるということで、返品するのに使用していました。

返品にも使えるなんて便利ですよね。これからどんどん発展するインドネシアEC市場楽しみです!

インドネシア法人の佐藤さんとNatyaさんと

 

ASEANのEC支援に関しましてもe-Agencyまでお問い合わせください!

PICK UP

天野 利哉

ライター

e-Agencyで越境ECの支援をしています。豊富な実績がありますのでぜひご相談ください。

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!