Googleアナリティクスと「どこどこJP」を連携させるとすごい便利!

2015年2月20日 | attrip

Googleアナリティクスと「どこどこJP」を連携させると、ものすごい便利

e-Agencyのサイトでは、どこどこJPをGoogleアナリティクスに連携しています。すごい便利なので、連携させるメリットやGoogleアナリティクスのダッシュボード上でどのように表示されるのか?を簡単に紹介しようと思います。

どこどこJPとGoogleアナリティクスの組み合わせでできること

1.製品名で検索をしてサイトに来ている企業を特定

2.頻繁にアクセスはあるが、お問い合せがない企業を特定

3.リマーケティングリストへの応用

4.競合他社からのアクセスを把握

なぜどこどこJPとGoogleアナリティクスを連携すると便利なのか?

1.製品名で検索をしてサイトに来ている企業を特定

アクセス数は少ないけれど、コンバージョンの高いキーワードでサイトに訪れている企業を判断することが出来ます。ニッチなキーワードですが、コンバージョンが高いキーワードでコンバージョンをさせたい場合に特に有効です。

2.頻繁にアクセスはあるが、お問い合せがない企業を特定

度々同じページにアクセスしている企業を特定できます。頻度が高いということは検討しているのかもしれない。そんな企業に対してアプローチする手法を考えることが可能になります。

3.競合他社からのアクセスを把握

沢山のアクセスがあるもののそれが競合の企業だったらどうですか?できたら見てもらいたくないですよね。その企業には、広告を出さない、必要であればそのIPに対してサイトを見せないなどの対応が可能です。効率よくサイトを見せることが可能です。

リマーケティングリストへの応用

少ないアクセスでもどんな企業の方が見に来てくれているのか理解できると、リマーケティングリストとしてその企業に向け配信をすることが可能です。このリストを使えば、サイトのこのページに来た企業には、この広告を作ろう!という事が可能になりますね。

どこどこJPとGoogleアナリティクスを連携させるとどのように見ることが出来るのか?

1.行動を選択

2.サイトコンテンツのすぺてのページを選択

3.どこの企業がアクセスしたいのかを知りたいURLを選択

4.セカンダリディメンションで組織名を選択

組織名

urlに対してどの企業が何ページビューあるのか滞在時間や直帰率などを見ることが出来ます。複数回見ている企業は、興味が有るのでは?と簡単に判断ができますね!

管理画面どこどこJP

どこどこJPの利用方法

どこどこJPとの連携には、APIを使う必要があります。どこどこJPのサイトからAPIキーを発行してもらい、Googleアナリティクスと連携させる必要があります。e-Agencyでも連携をすることが出来ます。

どこどこJPの費用について

初期費用 100,000円(税抜)月額費用 10,000円(税抜)~です。
月額費用の詳細は価格ページをご参照してください。月間のリクエスト数により費用が変わってきます。

紹介したサービス

どこどこJP

e-Agencyでは、Googleアナリティクスに関するあらゆるサービスをサポートいたしています。GoogleアナリティクスとどこどこJPのAPIの連携も可能です。

もしよろしければ、こちらもよろしくおねがいいたします。

Google アナリティクス認定パートナーが提供する解析ソリューション 

Google アナリティクス プレミアム導入

レポート自動化でデータドリブンを加速する AutoReport

attrip

ライター

大学卒業後、DJ KRUSH氏との仕事を契機に、Web業界に進む。 現在は"おもてなしを科学する"株式会社イー・エージェンシーに勤務。マーケティングチーム広報。 個人ブログのアットトリップ  http://attrip.jp/は、月間約200万PVである。 GAIQ(Google Analytics Individual Qualification)保有者

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

関連記事

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!