WordPressで人間用サイトマップのURLを「sitemap.html」にしている人は要注意!

2014年4月8日 | attrip

e-AgencyのこのサイトはWordpressで作られていますが、Googleにサイトマップを送るために、「Google XML Sitemaps」というプラグインを使っています。

2014年4月に更新されたGoogle XML Sitemapsというプラグインを使っている人は、注意が必要です。

※Google XML Sitemapsは、Wordpressでサイトを作っている人ならよく利用しているならよく使うsitemap.xmlを作るプラグインです。

Googleのインデックス用だけではなく、通常の「人間用」のサイトマップを作っている人は、注意が必要です。

アダsdサダdサダ

人間用に見せるサイトマップのURLを/sitemap.html としていました。

しかし、今回の「Google XML Sitemaps」4.0のアップデートで、Google用のサイトマップのURLがsitemap.xmlからsitemap.htmlとなるのに伴い、人間用の/sitemap.html が上書きされ、見れなくなってしまいました。

人間用のサイトマップのはずなのに、xmlがづらづら書かれているという事態になってしまったのです。

アダsdサダdサダ

出ていたエラー

先日「Google XML Sitemaps」の最新版4.0にアップデートしたところ、下のようなエラーが出ました。

  • There is still a sitemap.xml or sitemap.xml.gz file in your blog directory. Please delete them as no static files are used anymore or try to delete them automatically.
  • The URL to your sitemap index file is: http://www.e-agency.co.jp/sitemap.xml.
  • Google was successfully notified about changes.
  • Bing was successfully notified about changes.
  • If you encounter any problems with your sitemap you can use the debug function to get more information.

要約すると、これからは sitemap.xml や sitemap.xml.gz は使わないので、削除しますか?というメッセージです。

このサイトは、sitmap.xmlで サイトマップを登録していて問題ないのでいまでもクローラ用には、sitemap.xmlを使っています。

GoogleがインデックスにをXML形式でなくても大丈夫なような仕様変更をしたのでsitemal.htmlをプラグインが自動で生成するようになったのかな?

sitemapってhtmlでもいいの?

Google に渡すサイトマップは XML じゃなくてテキストファイルでいいことになってた – 頭ん中

このブログによると

ウェブマスターツールの説明のなかにhtmlでも大丈夫だよって書いてある。

知らなかった人も多いんじゃないかな?

今回の問題点まとめ

 「Google XML Sitemaps」というプラグインを使っていると

自動でsitemap.htmlというのを吐き出すので

もし、人間用にsitemap.htmlを作っている人は、ファイル名が被るので注意が必要ですよ。ってことです。

対処法

今回は、人間用サイトマップのURLを変更することで対処しました。

こちらが人間用のサイトマップ

サイトマップ | 株式会社イー・エージェンシー
http://www.e-agency.co.jp/ea_sitemap.html

 ロボット用のサイトマップは、こちら

http://www.e-agency.co.jp/sitemap.xml

attrip

ライター

大学卒業後、DJ KRUSH氏との仕事を契機に、Web業界に進む。 現在は"おもてなしを科学する"株式会社イー・エージェンシーに勤務。マーケティングチーム広報。 個人ブログのアットトリップ  http://attrip.jp/は、月間約200万PVである。 GAIQ(Google Analytics Individual Qualification)保有者

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

関連記事

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!