『Oracle MySQL Tech Tour – Tokyo』レポート

2012年10月26日 | 八子 武司
Oracle MySQL Tech Tour – Tokyo』に参加しました。
概要をレポートします。参考になりましたら幸いです。
 

 

日時:2012年10月25日(木)13:30~17:00
場所:日本オラクル株式会社 本社 13Fセミナールーム

資料 ※セミナー当日の資料ではありませんが、近しい物がこれです
http://www.ospn.jp/osc2012-fall/pdf/osc2012TokyoFall_Oracle_MySQL.pdf

MySQL5.6 RCリリース

MySQL5.6での主な改善点は以下の5つのカテゴリです。

オプティマイザ
パフォーマンスアップ。

パフォーマンス・スキーマ
今まではMySQLの開発者向けの情報が多かったが、MySQLの利用者向けの統計情報を出すようになりました。

InnoDB
MyISAMはメンテナンスモードにある為、迷わずInnoDBを使いましょう。
InnoDBはコア数が多ければ多いほどパフォーマンスが上がります。

レプリケーション
より、クラッシュセーフに。
バイナリログのサイズを落として、帯域を節約するオプション。
バイナリログにチェックサムを追加するオプション。
クラッシュ後のバイナリログを自動修復する機能により、クラッシュセーフなスレーブを構築する事が出来るようになります。

「NotOnlySQL」オプション
速度は、memcachedやKyoto Tycoonに劣ります。
SQLでも使えるという利点は大きいです。
使いどころを考えると良いでしょう。

参考)MySQL 5.6のInnoDB memcached pluginを使ってみる

MySQL5.6の正式リリースは今年中

MySQL for Excel

MySQL for Excel
Windows版のMySQLからテーブルをエクセルで編集できてしまいます。

導入するべき時期

得てして、MySQLはリリース後にバグ修正を沢山します。
半年くらいは様子を見ることをおすすめします。

PICK UP

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

関連記事

mautic is open source marketing automation

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!