10分でできるLifeHack~ feedpathで素敵で無敵なblogライフ

2006年8月28日 | 広報・PR・イベント運営担当

2006年08月28日

10分でできるLifeHack~ feedpathで素敵で無敵なblogライフ

森藤 将武
株式会社イー・エージェンシー

 先日までFireFoxのSage、SleipnirのRSS Pluginと、ブラウザ連動型のRSSリーダーをずっと使っていた筆者ですが、両ブラウザ共に「新機能、便利なプラグインがある」というニュースを聞くたびに乗り換えていたため、そのつどRSSを両ブラウザ間で同期しているという状態を続けていました。

 しかしFeedpathを使い出してからは、そういう余計な作業をする必要が無くなり、非常に効率よくニュースを取得・管理しています。

・feedpath
http://feedpath.jp/feedpath/index.csp

 もちろん、同期ツールやオンラインRSSリーダーは他にもたくさんありますが、特に筆者が気に入って使っている機能を紹介したいと思います。

1.なにはともあれ、Feedリーダー

 Ajaxを駆使してfeedを読む、というのが非常に快適であるという好例でもある
  Feedリーダーです。
 
  ・更新通知
   ブックマークレットを経由して各feedを登録すれば、あとは自動で巡回してくれます。
   もちろんこれだけではなく、常駐Wedgetをインストールしておくと、指定カテゴリの
   更新があった場合に、自動で通知してくれる機能を持っています。Sleipnirでブック
   マークレットを使う場合は少しだけ工夫が必要ですので、筆者のBlogを参考にして
   頂けると幸いです。
  http://www.webinthelife.com/2006/07/sleipnirfeedpath.html

  ・アーカイブ
   俗に言う、「あとで読む」を実現する機能です。
   筆者がこっそり会社で見ている際に(笑)後でじっくり読みたい、ということは多々
   ありまして、その場合にはチェックボックスにチェックを入れておくだけで「アーカイブ」
   に分類され、後で読むことができます。
   重要ネタを溜めておくということにも使えます。

2.自分のBlogを管理できるBlogエディタ

  ・同期と投稿
   複数の箇所(たとえば、自宅と職場、など)で日記や文章を書くことをやっている
   人も多いのではないでしょうか。feedpathのBlogエディタを使えば、既に書いた
   日記をfeedpath側に取り込み、編集することができます。もちろん新規投稿も可能。
   かなり多数のBlogに対応しているので、複数箇所で書いている人でも対応可能に
   なっています。

  ・ブックマークレットを使ってBlogを書く
   たとえば先ほどの筆者のBlogは見たらMovable Typeで構築されているのが一目
   瞭然なのですが、ニュース巡回中に文を引用してBlogを書く、という場合もあります。
   その場合には該当部分をドラッグしておき、Blogエディタ用ブックマークレットを起動
   すれば、引用部を引き継いでBlogを書くことができます。

 と、いう感じで「feedpathさえ開いていれば」筆者の日課が実現できてしまいます。あっちに行ったりこっちに行ったり・・という煩雑な作業が必要ありません。

feedpathの中の人にインタビュー

 筆者がfeedpathをとても気に入ってしまったので、今後の展開や環境をメールで質問してみました。

 Q1.feedpathの方向性(今後の展開)
    現在feedreader・Myタグ・Blogエディタの3機能が提供されていて、タブを見る
  と「FeedBase」の開発が進められておられますが、今後どのような機能が実装さ
  れるか、ご予定はございますでしょうか?また、feedpathが目指しているサービ
  スの形態とはどのようなものでしょうか。

 A1.RSS/Atom Feed形式による文書ファイルの作成機能およびホスティングを計画し
  ています。また、feedpathは、情報の「受信」「発信」「検索」「共有」をスムースに
    実行できるWebアプリケーションを提供しています。

 Q2.feedpathのビジネスについて
    サイト内広告などは控えめになっていますが、収益はどのようにあげているので
    しょうか?また、どのようなビジネスモデルを目指していくのでしょうか?

 A2.現在はイントラブログシステムのOEMライセンス事業が収益の柱です。今後は、
  feedpathの各アプリケーションの法人向け提供を行っていく方針です。

 Q3.feedpath開発体制
  かなり速いペースで開発が進められていると思いますが、開発は何名で行われて
  いるのでしょうか?また開発言語を教えてください。

 A3.ベンチャーですので、数名で開発しています。言語はPHPです。

 Q4.feedpathのサービスはどのくらいの台数のサーバで動いているのでしょうか?

 A4.詳しい数字は非公開ですが、ン十台、です。

 Q5.注目している技術・サービス
    御社が注目している技術やサービスを教えてください。
  (他社サービス、海外サービス含)

 A5.Google Baseです。

 と、いう感じで一応筆者は技術職である(はず)ということもありまして、言語やら運用体制も含めて何点か聞いてみました。特にA5の「Google Base」という回答から、今後の展開がとても楽しみです。

答えにくい部分もあるような質問でしたが、とても快く応じて頂いたFeedpath株式会社様にはとても感謝しています。

PICK UP

ライター

おもてなしを科学するイー・エージェンシーでは、クロスデバイス分析によるユーザー単位の分析やオンラインオフラインを横断した分析など次世代の分析をサポート。また分析データを元にしたABテスト支援から、EC領域での購買、行動データを活用したレコメンドシステムなどを提供。 お問い合わせはこちらにどうぞ。

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!