2007年新卒確保のためのWebサイト戦略 ~ リクルートページ 2005 データより

2005年11月24日 | 広報・PR・イベント運営担当

2005年11月24日

2007年新卒確保のためのWebサイト戦略 ~ リクルートページ 2005 データより

吉村正春
ドラゴンフィールド株式会社
http://dragon.jp

大学生の就職活動は、3年生の秋から始まる。それに呼応するように、企業も3年生を対象としたリクルートページを立ち上げる。「WEB FLASH vol.18」では、東証平均株価の該当企業225社の企業サイト内リクルートページを対象に調査を行った。今回は一部のデータを公開する。

企業サイトにリクルートページがあるか?

99%:ある
1%:ない

最初に新卒・中途採用を問わずリクルートページの有無を調べた。その結果、225社中、リクルートページが全く存在しなかったのは、ただ1社のみ。その1社にしても、リクナビで採用活動を行っており、もはやWebは採用活動に無くてはならない媒体と言える。

ただし、リクルートページがあったとしても、あくまでも募集要項だけが掲載されて、Webを通じて応募できない企業が数社あった。他にも採用に至るプロセスを掲載していないなど、不親切なWebサイトも少なからずあった。

TOPページにリクルートページへのリンクはあるか?

96%:ある
4%:ない

96%の企業サイトは、リクルートページへのリンクが貼られてあった。グローバルメニューに「採用情報」とあったり、下の方にひっそりとリクルートページへのリンクがあったり、リンクの強調度はそれぞれであるが、それでも大部分の企業サイトにはリクルートページへのリンクがあったことは事実である。

TOPページからのリンクがない企業サイトについても、TOPページ>会社情報>リクルートページ、と、会社情報ページの中にリクルートページへのリンクがあった。つまりほぼ100%の企業サイトは、2クリック以内にリクルートページに辿り着ける、ということである。

新卒者向けリクルートページはあるか?

71%:ある
15%:ない(2006年用ページが表示)
7%:ない(近日公開予定)
7%:その他(新卒者向けページが無い、採用自体が無い、など)

すでに約7割の企業サイトが新卒者向けリクルートページを開設している。2006年卒業者向けページを表示している15%も近い内に、2007年卒業者向けページを公開するであろうことを考えれば9割の企業が年内に新卒者向けリクルートページを公開することになる。

まとめ

簡単であるが、WEB FLASH vol.18のデータを一部抜粋してご紹介した。本誌では、新卒者向けリクルートページの業種別公開状況や、公開日状況などのデータを掲載しているので、興味がある方はお読みいただければ、と思う。

今回様々な角度からリクルートページのデータを集めたが、業種や企業によってその取り組みに明確な温度差があった。

たとえば、電気・ガス会社は、(今回の対象企業ではあるが)100%リクルートページを開設していた。一方、卸売・小売業は50%強にとどまった。これほど業種によって差があるのである。

「リクルートページがWebサイトのどのディレクトリにあるのか」も調べたが、12%の企業は別ドメインでリクルートページを展開していた。これらの企業は採用活動に力を入れていることは、リクルートページを見るまでも無く明らかである。一方でリクルートページが第5階層に位置していたWebサイトも1%あった。リクルートページが重要とみなされていないのだろうか。

今後、景気の回復に伴い、新卒者を採用することが難しくなってくるだろう。その際にWebサイトは重要なキーを握るはずである。他社に先んじて有能な新人を確保するために、Webサイトにおけるリクルート活動を再チェックしてみてはいかがだろうか。まだ間に合うはずである。

PICK UP

ライター

おもてなしを科学するイー・エージェンシーでは、クロスデバイス分析によるユーザー単位の分析やオンラインオフラインを横断した分析など次世代の分析をサポート。また分析データを元にしたABテスト支援から、EC領域での購買、行動データを活用したレコメンドシステムなどを提供。 お問い合わせはこちらにどうぞ。

お問い合わせ

サービスに関するご相談は
こちらよりお気軽にお問い合わせください。

e-Agencyの様々な情報をFacebookでお届けします!